オーラルケアのためのブラッシングのコツ

歯磨きのコツ

オーラルケアとしては一番大切なブラッシングのコツについてご説明したいと思います。

ブラッシング方法のコツ

  • 歯ブラシは「握る」のではなく、鉛筆を持つような感じで歯や歯茎を傷つけることがないように力を入れ過ぎず磨き
  • 歯の噛みあわせ部分や歯の表面を磨く場合には、歯ブラシを垂直に当てて前後に動かして磨く。
  • 歯の歯茎の間は斜めに(45°に傾けて)歯ブラシを当てて、特に力を入れ過ぎないように細かく動かして磨く。
  • 前歯の前面は奥歯を噛みあわせた状態で磨くと下の前歯に磨き残しができるので、上下の前歯同士を合わせて磨く。
  • 前歯の裏側は歯ブラシを立てて、上下に動かす。この時の歯ブラシの一番下の部分で汚れをかき出すようにすると更に良い。
  • 歯だけでなく舌も軽くブラシで擦ると口臭の原因である「舌苔」を除去できるのでオススメ。
  • 奥歯を磨く際には口を大きく開けがちですが、口を閉じたほうがすんなりと奥まで歯ブラシが届く
  • 歯ブラシの横の部分を使って歯茎をマッサージするのも有効

ブッシングについて


ちなみに歯磨き方法には「水平・垂直法」や「バス法(ブラシを斜めに当てる)」、「フォーンズ法(円を描きながら磨く)」などがありますが、そんな方法は特に気にせずにしっかりと歯の場所に合った磨き方で効率よく磨きましょう。

それと、よくブラッシングをするときに「前歯部分」と「奥歯部分」だけに分けて磨いている人がおられますけど、これ以外に前歯と奥歯の間の「犬歯部分」も意識して磨くと磨き残しは少なくなると思います。

歯ブラシをペンのように持てば力を入れすぎる心配はいらないかもしれませんけど、オーラルケアのために歯を磨いているのに歯や歯茎を傷つけてしまっては元も子もないので優しく磨くことを心がけてくださいね。

しっかりと磨けば普通の歯ブラシでもキレイに磨くことはできますので、ゆっくり時間をかけて磨ける時には歯ブラシを使い、朝などの忙しい時には電動歯ブラシを併用するとよいと思います。
  スポンサーリンク


コメントを投稿