やっておきたい虫歯予防法のキホン

虫歯の予防法
日々の虫歯予防法についてご説明したいと思います。

日々の虫歯予防のポイント


日々のブラッシング
忙しい時には電動歯ブラシを使用して効率的に歯を磨いたり、歯が強くなるフッ素入のジェルなどを併用すると効果的です。

歯ブラシ以外の掃除アイテムを使う
デンタルフロスや歯間ブラシ、舌ブラシを使って普段のブラッシングでは掃除できないところまでしっかりとキレイにできるのでその分虫歯リスクは減ります。

砂糖の入った食品はなるべく避ける
甘いものが大好きな方は多いと思います。
とはいえ虫歯リスクのことを考えると大きな原因である砂糖はできるだけ避けたほうがよいです。
もちろんケーキやチョコレートなどハッキリと砂糖が入っているようなものはわかりやすいのですが、缶コーヒーやスポーツドリンク等にも意外とかなりの量の砂糖が使用されているので注意ですよ。

食事はダラダラとしない
食事をすると「口の中が酸性になり虫歯が発生しやすくなる→唾液によって修復される」ということを繰り返すのですが、ダラダラと食事をしていると唾液による修復の前に食べ物の影響でまた酸性になってしまいます。

キシリトールを積極的に摂る
キシリトールは菌が酸を出すことができない甘味料なので虫歯になることはありませんし、再石灰化をうながしてくれるのでおすすめです。
ガムやアメなどに使用されてますが、食べるのならば噛むことによって唾液がよく分泌されるのでガムを噛んだほうがよいと思います。
それにガムを噛んでいると満腹中枢を刺激するのでダイエットにも良いというから一石二鳥ですよね。

ストレスをためない生活
一見、虫歯予防と関係がないように思えますよね?
でもストレスを感じると人間は唾液の分泌が少なくなることで菌から歯が守られなくなるので、しっかりと唾液を出すように心がけることが虫歯予防から見てもとっても大切です。
それに「ストレス解消に甘いものを食べる」なんて人も女性には特に多いので、健康と歯のことを考えればやはりストレスはためないで生活できることが理想ですよね。
  スポンサーリンク


コメントを投稿