虫歯はなんで痛むの?

歯の痛みについて
虫歯の痛みというのは体験したことのない人には分からないツラさがありますよね。
そこで歯がどういった状態になると痛み出すのかをご説明したいと思います。

歯の痛みについて

なんで虫歯が痛み出すのかを説明するにはまず歯がどのような構造なのかを知る必要があります。

歯というものは全てが1つの素材でできてるものではなく、「歯髄」と呼ばれる歯の神経が根本にあり、その周りに「象牙質」、そして表面をコーティングしている「エナメル質」という構造になっています。

エナメル質は1ミリほどの厚みしかありませんがとっても硬い組織となっていて、私達の毎日の食事が快適にできたり虫歯菌から歯を守ってくれています。

そのエナメル質部分は爪や髪の毛のように痛みや熱さなどを感じることはなく、虫歯菌と砂糖によって生み出された酸が歯を溶かしていく虫歯がそのエナメル質部分にできたとしても私達が痛みを感じることはなく、ほとんど自覚症状がありません

それにエナメル質はとっても丈夫なので虫歯の進行がとてもゆっくりなのが特徴ですよね。

そしてエナメル質に守られた歯の殆どの部分を占めるところが象牙質であり、象牙と似たような組織で硬さ的にはエナメル質よりも柔らかく、骨と同じぐらいの硬さだそうですよ。

ということはエナメル質は骨よりも硬いということなので、その強さは相当なものなんですよね。

これは、痛みで歯医者さんに行って診察してもらうと「エナメル質部分に小さな穴が開いているだけで、中の象牙質部分はすごく虫歯が広がっていた」なんてことが多いことからも分かることで、エナメル質を通過して象牙質まで達した虫歯は一気に速度が早くなってしまうので注意が必要ですよ。

それに象牙質は歯の根元にある歯髄部分に刺激を伝えやすい作りになっているので、象牙質まで虫歯が進行する頃になると痛みが出てきます。

象牙質に達してすぐでは冷たいものや熱いもの、甘いものなどを食べたときに痛みが出るぐらいですが、その後に歯髄付近まで虫歯がやってくると何もしていない時にもズキズキと痛み出します

ここまでくると、もはや痛みで何もしたくなくなるぐらいの状況になり、虫歯が進行した人の中にはこの痛みでツラい体験をされて人もいらっしゃると思います。

ちなみに虫歯による痛みというものは、とっても太い神経によって伝達される痛みとなっていて、普段生活している時に感じる切り傷や打撲などの痛みと比べても相当なものなので、私達は「初期の脱灰が始まった程度のところでしっかりと再石灰化をさせるために毎日の丁寧なオーラルケアを心がける」とか「象牙質に達しだした虫歯はすぐにでも治療しておく」ということが大切になるのではないでしょうか。

歯の痛みについてのまとめ

  • 歯の痛みは歯の元にある「歯髄(歯の神経)」によって感じる
  • エナメル質部分での虫歯ならば痛みは無く、自覚症状はほとんどない
  • とても丈夫なエナメル質部分に小さな穴が空いているだけでも、中の象牙質で虫歯が広がってしまうことがある
  • 象牙質に虫歯が達すると象牙質への刺激が歯髄に伝わりだすので痛みを感じる
  • 歯に痛みがでるまで虫歯を進行させないような毎日のオーラルケアや早めの治療が大切
  スポンサーリンク


コメントを投稿