虫歯リスクの高い人ってどんな人?

虫歯になりやすい人
「自分が虫歯になりやすいかどうか」を自覚できれば、しっかりオーラルケアをしようと気をつけることができるので虫歯になりやすい人の特徴について知ることは大切ですよね?
そこで「虫歯リスクの高い人」についてご説明したいと思います。

虫歯になりやすい人について

虫歯は口の中にあるミュータンス菌やラクトバチルス菌と呼ばれる虫歯菌と砂糖などが結びついて酸を出すことで発生するので、このような虫歯菌が元々多くお口の中に存在する人は虫歯リスクが高くなってしまいます。

それに以外にも、虫歯対策として人間に備わってる唾液の「量や質」も虫歯に大きく関わってきます。

唾液の量はストレスや体調、飲んでいるお薬などにも関係がありますが、唾液の質に関しては元々の体質として「虫歯に強い唾液を持つ人」がおられるというのは興味深いですよね。

とはいえ自分が「虫歯菌が多いかどうか」とか「唾液が虫歯に強いのかどうか」は調べられることができない(歯医者さんでは検査してもらえます)ですし、虫歯菌はある程度日々のブラッシングでケアできるので虫歯菌の多い少ないは別としてしっかりとした歯磨きを心がけましょう。

ちなみに唾液はネバネバしているものよりもサラサラの唾液の方が虫歯対策としては良い唾液のようですよ。

さらに虫歯リスクが高まる人として挙げられるのが、「歯並びの悪い人」や「ブラッシングの癖により磨き残しが多い人」、「食事を頻繁にする人(特に甘いモノをよく食べる)」「フロス洗口液などのオーラルケア用品を使わない人」などは比較的自分でもわかりやすい特徴なのではないでしょうか。

クリニカ アドバンテージスポンジフロス 40m (青・緑・オレンジ・クリアのうち1色。色はおまかせ)

そして「治療済みの歯がある人」も治療したときに使用した歯の詰め物と自分の歯との隙間からまた虫歯になってしまう(二次う蝕)ことが多いので虫歯リスクは高まります。

ですので子供の頃から正しいオーラルケアを実践するか、虫歯がすでにある人はその部分を丁寧にブラッシングすることで虫歯対策をしていきましょうね。

というわけで虫歯になりやすい人の特徴をいくつか挙げてみましたが、自分のお口の中に虫歯菌が多く、唾液が少なくて虫歯に対して抵抗力が少ないという人でも自分の虫歯になりやすい場所を把握した正しいオーラルケアや食事の仕方などを工夫して虫歯にならないように気を付けましょう。

虫歯になりやすい人についてのまとめ

  • 赤ちゃんの頃に両親などからうつされた虫歯菌の影響で元々お口の中の虫歯菌が多い人
  • 唾液の量が少なかったり、虫歯に対しての抵抗力が弱い唾液を持っている人
  • サラサラの唾液を持っている人がどちらかと言えば虫歯に強い唾液
  • ブラッシングの癖や歯並びの影響で磨き残しが起きやすい人
  • 頻繁に食事をする人やダラダラとジュースを飲む人は、再石灰化する時間がしっかりと取れないので虫歯リスクが高まる
  • すでに治療済みの歯がある人
  • 虫歯になりやすい人でも正しいオーラルケアを心がければ虫歯はある程度防ぐことができる
  スポンサーリンク


コメントを投稿