基本的な口臭の発生原因といえば?

口臭の原因
口臭の原因を知れば正しい対策方法が分かってきそうですよね?
そこで「口臭の原因」についてご説明したいと思います。

口臭の原因ってなに?

口臭の原因として一番大きな物としてはやはり、「お口の細菌の繁殖」ですよね。

とくにニオイの発生源として有名な歯周ポケット部分の「歯周病菌」や舌にある「舌苔」は十分なケアが必要ですよ。

それ以外にも虫歯になっている部分や治療した被せ物が合っていない部分、キレイに洗浄してない入れ歯、食べかすが溜まりやすい部分などは細菌が繁殖しやすい環境が整っているので注意してくださいね。

このような口臭に対する対策はというと・・・当たり前ですがやはり「丁寧なブラッシング」となってしまいます。

よく薬用成分が配合されていないミント系の強い香りのついたマウスウォッシュなどで口臭対策を使用する方からおられますが、表面的にニオイをマスキングするだけですので発生源へのケアはできません。

もちろん外出先で歯磨きができない環境ならばこのようなマウスウォッシュでのケアでも仕方がありませんけど、元を断つためにも「歯周ポケットなど磨き残しをしやすい部分の丁寧なブラッシング」を心がけましょうね。

とはいえ歯周ポケットの奥までは歯ブラシはなかなか届きにくいので「リステリンコンクールF」といった薬用マウスウォッシュでケアするとより効果的ですよ。

お口の細菌はとっても繁殖力が強くてブラッシングをしても3時間ぐらいで口臭を感じるほど繁殖をしてしまうとの報告もありますが、ブラッシングは有効な対策法であることは間違いなのでコツコツと歯磨きをしていくことが大切だと思います。

こういった細菌の発生による口臭だけでなく「ニンニクやネギ、香辛料」などの食べ物による口臭もあります。

これはニンニクを食べたあとに口をゆすいでお口の中の食べかすをすぐに取り除くことで少し対策はできますが、食べた物の胃からのニオイには対処できません・・・とはいえこれは「ニンニクの臭いがしてはいけないような場面では食べない」ということでいいのではないでしょうか?

どうしても付き合いなどで食べる場合ならば「ブレスケア」のように胃からのニオイもケアできる商品があるので食べ物による口臭は比較的簡単に対策できますよね。

噛むブレスケア レモンミント 80粒

そして消化器疾患や肝機能障害など内臓の病気によって口臭が発生してしまうケースもありますが、これは元となる病気治療によって対策するしかありませんので、体の体調が口臭につながることも考えて健康を維持できるような生活をしていきましょうね。

最後に「口臭がないのに口臭で悩んでいる」というケースもあって、「周りは不快に思ってないのに自分に口臭があると思い込む人」が最近増えてきていて話題になってますよね。

もともと口臭がないので対策法を挙げるにしても、本人からするととっても難しいことですが「とにかく気にしない」ということで済んでしまいますけど、ひどくなると専門の病院で心のケアをする必要も出てきてしまいます。

もし口臭を気にしすぎるあまり「自分に口臭があるという勘違いからのストレス」で唾液が減ってしまうと、結果的に細菌が繁殖して口臭が強くなってしまうこともあるのでご注意くださいね。

・・・というわけで口臭に関しての基本的なことを書いてみましたが、自分でできる基本的な口臭対策というと「体と心の健康」や「細菌が繁殖しにくい環境づくり」を心がけるということが大切になるのではないでしょうか。

口臭についてのまとめ

  • 口臭の原因としては一番に挙げられるのは「細菌の繁殖」
  • 細菌の繁殖を防ぐには細菌が溜まりやすい歯周ポケットまでケアする必要がある
  • 食べ物による口臭ならば食後にしっかりと口をゆすいだり、胃から口臭ケアできる商品を利用しましょう
  • 口臭を気にするあまり、ストレスでさらに口臭が強くなる場合があるので「気にしすぎない」ことも大切
  • お口の中の状態だけでなく体や心の状態も口臭には影響があるので、お口の中の細菌対策と健康的な生活を心がけましょう
  スポンサーリンク


コメントを投稿