自分でできる口臭チェック方法

口臭セルフチェック
口臭は普段の生活の中だと自分ではなかなか気が付きにくいんですよね。
そこで「簡単な口臭チェック方法」を紹介したいと思います。

口臭のチェック方法

自分で口臭をチェックする場合に多くの人が「口と鼻を手でおおって」口の臭いを嗅いでいるのではないでしょうか?

これでもある程度口臭を感じることができますが、やはり手ではしっかりと密閉されていないので外の空気と混ざり合ってしまいますし、口から出した息をそのままで鼻ですぐに嗅ぐので分かりにくいことが多いですね。

ですので手を使うのではなく、袋やコップでいいので「自分の息を溜めておける」ような道具を使ってチェックするのが一番簡単ですよ。

ちなみに袋の素材は紙袋ですと袋自体の臭いがしてしまうのであまり口臭チェックには向いておらず、ガラス素材のコップなんかが良いですね。

そしてできるだけ大きなコップに自分の息を思いっきり吹き込んだ後にラップで蓋をし、何回か深呼吸をして鼻をリセットした後にラップを外して中に臭いを嗅ぐと自分の口臭を感じることができると思います。

さらに道具を使ったチェック法だけでなく、自分の舌を指で軽くなぞってから指の臭いを嗅ぐことでも口臭の強さがある程度分かります。

ここで唾液の臭いがかなり強い場合には口臭に繋がっているケースがありますが、「唾液が臭くない人はまず居ない」のでこの方法だとほぼ全員に口臭があることとなってしまいます。
なので唾液のニオイによる口臭チェックはあくまでも目安ぐらいにお考えください。

こういったチェックでかなり強い臭いを感じたら日々口臭対策をしていくことが大切ですが、「口臭は人間には絶対にある」ということを大前提に「ほどほどの口臭」ならば深く悩む必要はありませんよ。

その他にも「舌の状態を確認」することも大切で、舌に口臭の大きな原因なる舌苔が白く溜まっている場合には口臭が強いケースが多いので注意が必要ですし、殺菌力のある唾液が減り「口が乾燥しやすい人」もガムを噛むなどの口臭対策はできるだけしっかりと行いましょうね。

通販などで「口臭チェッカー」は購入できますのでチェックされたい人は購入されるのもひとつの手ですが、歯や歯茎が健康で舌の状態も良いのならばそれほど心配することなく生活されれば良いですよ。
口臭を気にしすぎると唾液が減ってしまい口臭が強くなってしまいますからね。


どうしても「自分には口臭があるかどうか気になる!」という人は、自分の匂いは鼻が慣れてしまっていることがほとんどなので、家族や恋人、友人に嗅いでもらうか、それに抵抗感があるのならば口臭の専門医や歯医者さんにご相談するとハッキリとした結果を知ることができますよ。

セルフ口臭チェックについてのまとめ

  • 自分の口臭は気が付きにくいので「容器に息を溜めてから嗅ぐ」方法が分かりやすい
  • 自分の息を溜めておく容器は素材のニオイがないものを選びましょう
  • 唾液のニオイを嗅ぐことでもある程度口臭の強さは判断できるが、「唾液が臭わない人は居ない」ので過度に気にしすぎてはいけない
  • 舌の状態は口臭と深い関係があるので「舌ブラシ」でのお掃除は口臭対策には必須
  スポンサーリンク


コメントを投稿