大人虫歯はこんな所にできやすい

大人の虫歯
子供と大人では虫歯になりやすい場所も違うようですね。
というわけで「大人虫歯」について取り上げてみたいと思います。

大人虫歯について

大人になるとエナメル質がかなり強くなるので、柔らかいエナメル質を持つ子供の頃よりも虫歯のリスク自体は低くはなります。

ですが大人になっても注意するポイントがあるのでご紹介したいのですが、その前にクイズをひとつ出題したいと思います。

「永久歯が生え始めた子供にはなくて、ほとんどの大人にはあるもの」といえばなんでしょうか?

・・・正解をもったいぶってもしょうがありませんし、あまり大した答えではないので正解をいきなり書いてしまいますと・・・それは「治療した歯」です。

もちろん大人になるまで虫歯になったことがなければ治療した部分はありませんが、虫歯はかなり多くの人が体験したことのあるお口のトラブルなので、大人の方で歯に詰め物が入っている人は多いと思います。

そしてこの「詰め物をした治療部分」が大人虫歯の要注意ポイントで、被せ物の劣化や僅かな歯との隙間から徐々に虫歯が進行する虫歯は要注意ですよ。

というのも治療部分の虫歯は、健康的な歯にできる虫歯のように「穴が空いている」とか「黒くなっている」というような一目みてわかるものではなく、詰め物の中で虫歯が育っていことで発見が難しい上に、エナメル質が削られたところから発生するので気がついた時には神経部分まで進んでしまっているケースがあるので怖いですよね。

こういった被せ物と歯の隙間にできる虫歯の対策法は「治療部分も忘れずにしっかりと磨く」とか「洗口液で隅々までケアする」ぐらいしか方法がなく、極論を言ってしまえばある程度虫歯になるのはしょうがない部分となってしまいますので「子供の頃からしっかりとオーラルケアをして虫歯にならない」というのが大人虫歯の対策法となってしまいます。



そしてもう一つ大人虫歯になりやすいところが、「歯と歯茎の間」ですね。

これは年齢とともに歯茎がだんだんと下がってきてしまうことが原因で、エナメル質が薄くなる根元部分だけでなく、さらに歯茎が下がるとエナメル質よりもとっても弱いセメント質部分が露出してしまうと一気に虫歯リスクが高まります

なのでこういった歯の根元部分の虫歯は「強い刺激でゴシゴシと歯の根元を磨いてはいけないが、丁寧に歯と歯茎の間を磨く」ということを心がけましょうね。

この際にはブラシは柔らかいタイプを使うと歯と歯茎の優しくて良いですよ。

というわけで大人虫歯について紹介しましたが、大人になるとどうしても歯周病に関心がいきがちなので「治療部分」と「歯と歯茎の間」の虫歯にも注意してオーラルケアをしていくことが大切だと思います。

大人の虫歯についてまとめ

  • 歯のエナメル質が子供よりも強い大人は、虫歯リスクはどちらかといえば少ない
  • 大人は、「以前の虫歯の治療部分」や年齢によって歯茎が下がってきてむき出しになった「歯の根元部分」の虫歯に注意
  • 以前治療した部分に起こる虫歯し「二次カリエス」と言い、気が付きにくい上に前より深刻なトラブルを引き起こしやすい
  • 虫歯のない子供の時からオーラルケアすることが将来的な虫歯対策にもなる
  スポンサーリンク


コメントを投稿