虫歯になりにくい食べもの・虫歯リスクが高い食べもの

虫歯になりやすい食べ物
食事をするのならばできるだけ虫歯リスクが低いものを積極的に食べていきたいですよね。
そこで「食品と虫歯リスク」について取り上げてみたいと思います。

食事によって虫歯リスクに差

まず食事をすることで歯をお掃除してくれるような食品を挙げると、「繊維質の多い食品」となります。

これは皆さんもなんとなく想像できると思いますが、やはり繊維質が多い食品というものは咀嚼(そしゃく)によって繊維質自体が歯を掃除したり歯茎をマッサージしてくれる上に、繊維質で硬い特徴があることからよく噛んで食べるようになっているので唾液もよく分泌されるのでさらに虫歯リスクを減少することができます。

具体的にはキャベツやセロリをはじめ、スルメやお肉などはある程度の硬さがあって口の中に食べかすがこびりつきにくい食品なんで、虫歯のことを考えるのならば積極的に食べていきたい食品なのではないかと思います。

逆に噛みごたえのない加工食品やお菓子は要注意で、特にお砂糖がタップリと使用された柔らかい和菓子や洋菓子は口の残りやすい上にお砂糖の影響で虫歯の大敵と言えますよね。

ちなみにいろいろな食品ごとに虫歯になりやすい危険度のようなものがありますが、そういったものを確認すると「キャラメル・チョコレート・クッキー」など甘いお菓子は非常にリスク高くがあるようですね。

そして意外なところでは「ポテトチップス」もある程度の虫歯になる危険性があり、「ジュース」はそこまで虫歯リスクが高くないことが分かりました。

この理由としては、虫歯になりやすい危険度というものは「酸を作りだす能力の強さ」と「口の中の残る時間」などから考えられるので、ジュースのように「甘いけど口の中に残りにくい」ものはリスクが低く、ポテトチップスのように「虫歯になる力は弱いけど口の中に残りやすい」ものはリスクが高くなってしまいます。

「ポテトチップスは甘くないから虫歯にならない」と勘違いしている方はジャガイモのデンプンと脂質により虫歯ができてしまうことにご注意くださいね。

とはいえ「虫歯になりにやすい食べ物はゼッタイに食べないでおきましょう」・・・ということではなく、口の中に残りやすい食べ物を食べたらその食べたカスを早めに取り除いたり、ジュースを飲んだらその後はお水でうがいをするということでケアしていきましょう。

食べ物と虫歯リスクについてまとめ

  • 繊維質の多い食べ物はブラシの役割をして歯をきれいにしてくれる
  • 糖分が入っていて、口に残りやすい食べ物はかなり虫歯リスクが高い
  • キャラメルやクッキーには要注意だが、ジュースは口の中に残りにくいのでダラダラと飲まなければ過度に心配する必要はない
  • ジャガイモやお米のデンプンも虫歯の原因となる
  • 虫歯リスクの高い食品をゼッタイに食べないのではなく、食べた後のケアが大切
  スポンサーリンク


コメントを投稿