子供の歯が痛くなくても歯医者に通わせるべき?

子供の虫歯
特に自覚症状もなく普段と同じようにお子様が生活できている場合でも「歯医者に連れて行く意味はあるのかどうか?」について取り上げてみたいと思います。

子供の自覚症状がない虫歯について

親御さんからすると子供の体や歯の健康はとっても気になる話題ですよね。

体の調子が悪くて苦しんでいればできるだけすぐにお医者さんに連れて行くことはあると思いますが、特に歯の痛みもないような状態で歯医者さんに連れて行くとなると少し抵抗感というか緊急性があることではなく後回しでも良いと感じられるのではないでしょうか。

とはいえ親御さんがお口の中をチェックしてもなかなか早期の虫歯を発見するということはできませんし、ごくごく初期の虫歯を除いて自然に治ることのない虫歯を歯が痛み出すぐらいまで進行を放っておくというのもよくありません

しかも乳歯は大人の歯と違って虫歯の進行がとっても早い上に、子供は自分の歯の違和感(シミたり痛みを感じること)があってもうまく伝えることができないので親御さんが日々お口の中や子供の行動に気を配ったり、定期的に歯医者さんに連れて行くということが大切になります。

ちなみに乳歯の時に虫歯が多かった人は大人になっても虫歯になるリスクはとても高いと言われているのはご存知ですか?

この理由としては「もともと唾液の量が少い」とか「唾液の質自体が虫歯に対抗するための力が弱い」という体質的な問題もありますし、「家庭環境により虫歯になりやすい食生活をおくっていること」や「虫歯菌が他の人よりもお口の中に多く居る」ということもあります。

ですので幼稚園や小学生ぐらいで乳歯がよく虫歯になっていたけど、乳歯が抜けて永久歯に生え変わったから安心・・・ということではなく、永久歯になっても虫歯リスクが高いことを自覚してトラブルケアされることをおすすめします。

今日のまとめ

  • 子供が痛みを感じてなくても虫歯などのトラブルがありそうならばすぐに歯医者さんに行くのが良い
  • 子供虫歯は大人と違って進行が早いので注意
  • 進行が早い虫歯は黒くなることなくドンドン深くまで進んでいくので定期健診は大切
  • 「親御さんによる日々のお口チェック」と「定期的な歯医者さん通い」が一番の子供のお口のトラブル対策
  スポンサーリンク


コメントを投稿