歯周病は自覚症状がある前に対策

歯周病の自覚症状
年齢によってリスクが急激に高まる歯周病ですが、歯周病に関して少し気を付けておいたほうが良いことをご紹介したいと思います。

気が付かずに進行する歯周病

歯周病は歯が軽い炎症を起こす「歯肉炎」から、「口臭や知覚過敏」を感じ始める「歯周炎」、そして最終的には歯を支える骨が段々と溶かされてもろくなってしまう恐ろしいお口のトラブルですよね。

そして「骨が溶かされる」と聞くと歯周病が進行している間はものすごい痛みがあるように思えますが、歯周病はかなり悪化してから出ないと自覚症状がないので注意が必要です。

ですので自分では気が付かないうちに歯周ポケットの深い部分にまで、歯周病菌がたっぷり住み着いている「バイオフィルム」が進行し、大掛かりな歯医者さんでの治療が必要となるケースもあるので自覚症状がない人でも日々の歯周病ケアはとっても大切となりますよ。

それに自分では気が付くことがなかなかできない歯周病は、歯医者さんでも歯周ポケットの深さを測るなどの歯周病の検査をしない限りは判断するので難しいのが現状のようですね。

もちろん最近の歯医者さん、特に自分が定期的に通っているのならば歯周病の検査をしてもらえますが、虫歯などで痛む歯を直すために飛び込みで相談した歯医者さんでは検査してもらえないケースもあるようなので「自分の歯を定期的に見てくれる歯医者さん」と「自分でする日々のオーラルケア」が歯周病対策には一番の方法ですよ。

ちなみに歯周病は一気に進行していくのではなく、「歯を支える骨を破壊しては少しお休みをし、また破壊を始める…」というような周期があるので、お休みをしている時には特に自覚症状を感じにくいという特徴があります。

なので「違和感があったけど一旦おさまったから大丈夫だ」という風には思わずに気を抜かずにブラッシングや歯周病対策用の歯磨き粉・洗口液をご活用して対策していくことをオススメします。
ウェルテック リペリオ 80g 【医薬部外品】
もし歯周病がかなり進行してしまった場合でも、「元の状態」…というところまでは行かないにしても、原因のバイオフィルムを歯医者さんで除去して適切な治療をすることで、抜歯まで行かずに済む場合があるので、歯周病は早期発見をすることを心がけましょうね。

この記事のまとめ

  • 歯周病はかなり症状が悪化してから出ないと自覚症状がない
  • 自覚症状がある状態だと治療に時間や費用がかかってしまう
  • 歯医者さんでの定期的な検診はもちろん、自宅では丁寧なブラッシングやオーラルケアアイテムを使ってケアすることが大切
  • できるだけ「かかりつけ」の歯医者さんを作っておいて、「自分のお口の状態の変化」を診てもらえるようにしておくと安心
  スポンサーリンク


コメントを投稿