健康的な舌とは

舌苔
「舌苔は口臭の大きな原因」ということはご存じの方も多いと思いますが、「舌がどういった状態ならば健康的な舌なのか」ということは気になるポイントですよね?
そこでさっそく「舌の状態」について調べてみました。

口臭の大きな原因「舌苔」

舌苔は口の中の細胞が剥がれ落ちたものや食べカスなどで作られていて、この舌苔を口の細菌が分解するとニオイを放ってしまいます。

皆さんも自分の舌をチェックしてみて「舌苔で真っ白になっている」という状態ならば「いかにも口臭が強そう…」という想像がつきそうなものですよね?

ですが舌に全く舌苔がなくて「赤に近いピンク色の状態」というのも実はあまりよい状態とは言えません

こういった色をしている舌は炎症を起こしていて、少しの刺激でも痛みがあったり味覚障害であるケースがあるので、こういった舌の人はあまり舌をゴシゴシとこすらずに優しく撫でるように舌のお掃除をされることをおすすめします。
・・・そのときに使用するグッズは、歯ブラシなどでは刺激が強すぎるので「舌ブラシ」など専用の器具を使った方が良いですよ。



そして自分の舌に白い舌苔がびっしりとある時には「疲れが溜まっていないか?」とか「体調が崩れていないのか?」という体の健康面に気を使ってあげることが大切です。
というのも、白く溜まっている舌苔の舌ブラシなどでお掃除をすることは必要なのですが、体が不健康ならばまた舌苔はすぐに溜まってしまうので「健康ケアと舌ケア」の両方から皆さんも口臭ケアをされてみてくださいね。

さらに「舌が黄色い」という人も中にはおられると思います。
こういった黄色い舌苔は暴飲暴食によって胃に負担がかかっている場合があるので食生活を見なおしてみてはいかがでしょうか。

ではどのような舌が健康的な舌なのかといえば、「舌苔がうっすらと付いているぐらいで淡い赤色をしている舌」が良いとされています。

上にも書きましたが、舌苔は多少あるぐらいが正常なので「全部キレイにしてやろう」という意気込みで舌を歯ブラシでこするのはヤメましょう。

さらに「お口の中を唾液で潤わせる」とか「よく噛んで食事をして舌をよく使う」なんてことをすると舌がキレイになっていくので、皆さんもそういった生活を送ることを心がけることが大切ですよ。

舌苔についてまとめ

  • 舌苔とは口臭の原因となる舌の汚れ
  • 真っ白い舌は舌苔が多く付着していて良くないが、鮮やかなピンク色の舌でも問題があるので舌の磨き過ぎには注意
  • 胃に負担がかかっている場合には舌が黄色くなることがある
  • 舌の状態は健康のバロメーターなので健康ケアは口臭対策に繋がる
  • 食事やおしゃべりで舌を動かしたり唾液を出すことで舌苔が溜まりにくくなる
  スポンサーリンク


コメントを投稿