インプラント治療の後だからこそ丁寧なオーラルケアが大切

インプラント後のケア
インプラントといえばメディアなどでもメリットばかりが取り上げられている傾向がありますが、実際のところインプラント治療後にはどんな所に気をつければよいのかについて取り上げてみたいと思います。

インプラント治療後の注意点

インプラントはわりと新しい治療法で、キレイな見た目や自然な歯と同じような噛みごたえがあるなどメリットは多いですよね。

とはいえ「インプラントを入れてしまったら何もケアしなくても安心か?」というとそうでもなく、しっかりとした定期的な検診を含めたケアが大切のようですよ。

それはインプラントは骨に土台となるボルトをねじ込んで固定するものですが、土台を支える骨と歯の間には歯茎がしっかりと引き締まって土台をかためているので、その歯茎部分が歯周病になるとインプラントとはいえ抜け落ちてしまうケースもあるそうなので注意が必要となります。

ですのでインプラントを入れたからもう安心・・・ではなく、治療後だからこそ歯周病に気を使うことが大切なんですね。

歯周病は毎日のブラッシングで歯垢をとったり、歯茎をマッサージすることも有効ですけど、歯医者さんによる専門的なケアをしていかないと発症や進行を防ぐことは難しいのでインプラントの人は特に定期的な検診を心がけましょう。
ライオン インプラント 専用 歯ブラシ DENT . EX ImplantCare-US [ヘルスケア&ケア用品]
ちなみに睡眠中の歯ぎしりや日中に意識せずに歯を噛みあわせてしまう「TCH」でもインプラントの土台にダメージが加わるので寿命が短くなってしまいます。

TCHについては以前の記事でも取り上げましたが、「無意識にうちに歯や歯茎にダメージを与えてしまう」ので対策を行って歯や歯茎の健康を保ちましょうね。

このようなことを考えると「インプラントといえども自然の歯にはかなわないだけでなく、メンテナンスフリーどころかさらにケアが必要」なので、自分の歯がある状態から丁寧に毎日のケアをコツコツとしていくことをオススメします。

個人的には芸能人が見た目を重視して差し歯やインプラントを入れてしまう人を見ると「健康的な歯なのにもったいないなぁ」と感じてしまうことが私は多く、よほど気になるのならば矯正などでゆっくりと時間をかけてでも歯並びを直せば良いような気がしますが・・・矯正器具自体の見た目や時間の問題でやらないんでしょうねぇ。

とにかくインプラントは歯を何らかに理由で失ってしまった人が満足に食事をするのにはとても画期的な治療法ですけど、万能の治療法ではないことは頭に入れておき、まずは自分の歯を大切にすることを一番に考えるようにしましょう。

インプラントの注意点についてまとめ

  • インプラント治療をすればそれで終わりではなく、自然の歯よりも検診をしっかりとする必要がでてくる
  • 特に歯周病ケアには気を使わなければならず、歯周病の進行でインプラントが抜けてしまうことがある
  • 歯周病以外にもTCHにより負担がかかる場合も同様に治療歯の寿命は縮まってしまう
  • 歯を失ってしまった人には画期的な治療法だが、できるだけインプラント治療を必要としない口腔環境を目指してオーラルケアをしましょう
  スポンサーリンク


コメントを投稿