口臭対策の第一歩は舌苔のケアから

舌苔のケア方法
口臭対策法として一番有効なのは舌の汚れである「舌苔」をケアすることですよね。
そこで舌苔ケアの方法について取り上げてみたいと思います。

舌苔ケアについて

舌苔が口臭の原因であることは皆さんもご存知のことだと思います。

その舌苔は食べかすや細菌などが舌に付着したもので、「舌のお掃除を怠ったりする」だけでなく「胃腸の調子を悪くする」とか「疲れが溜まっている」なんてことでも多く付着してしまうケースがあるので注意が必要ですよ。

そこで気になる舌苔のケア方法ですが、やはり「原因ごとに対策を変える」ことが大切ですよね。

なので、単純にお掃除を怠っているのならば舌の掃除をすればよいですし、乱れた食生活や不規則な生活で胃腸が弱ったことによる舌苔ならば生活改善を行えば良いということになります。

それぞれの舌苔対策のポイントとしては、舌のお掃除をする場合にはできるだけブラッシングで使っている歯ブラシを使うことなく、完全に舌苔を取りきらなくて良いので専用の舌ブラシで軽く撫でるように汚れを落としましょう

舌ブラシ W-1 (ダブルワン) (色はおまかせ)

舌は繊細や部位なので、強くこすり過ぎると味覚障害になるだけでなく、水分の保持力が弱まって舌が乾いて口臭が更に強くなるケースがあるのでご注意くださいね。

ちなみに「舌ブラシを買うのが面倒くさい」という人は、タオルやガーゼなどを指に巻き付けて優しく擦るのも舌に刺激を与えにくいので歯ブラシでゴシゴシと舌を擦るぐらいならばこのようなどこの家にもあるようなアイテムで代用されるのが良いですよ。

そして弱った胃腸ケアならば定番ですが・・・やはりヨーグルトですよね。

ヨーグルトは腸内環境を整えてくれる上に、乳酸菌はお口の中の環境づくりにも良い影響を与えてくれるので、腸内環境も口内環境にも有効ですよ。
※関連記事「ヨーグルトも立派な歯周病ケアアイテム

ブラッシングが不十分で歯垢が残ったままだと舌苔も多くなることから歯間ブラシやデンタルフロスなども大切な口臭対策となるので、皆さんもそのようなオーラルケアアイテムと合わせて食事面などの体の内側からも口臭を対策をされることをオススメします。

舌苔ケアについてまとめ

  • 舌苔は口臭の一番大きな原因なので、自分の舌に舌苔が溜まる理由に合わせてケアすることが大切
  • 舌のお掃除をあまりしていない人は汚れが蓄積している事が多いので、「舌ブラシ」を使って優しくケア
  • 普通の歯ブラシでの舌掃除は強い刺激が加わりやすく、口臭対策として逆効果となることもあるので注意
  • 舌は体の健康状態を表すバロメーターでもあるので、胃腸の調子を整えることで「舌苔からの口臭+内臓からの口臭」の両方がケアできる
  スポンサーリンク


コメントを投稿