小さなお子様のオーラルケアで大切なこと

乳児のオーラルケア
お子様が乳児期のときにどんなオーラルケアをすればよいのかは気になるポイントでよすね。
そこで乳児の歯の健康に関して大切なことを紹介して見たいと思います。

お子様の歯のケア

乳児の歯は、生まれてから半年ぐらいで生え始めて3歳ぐらいで生え揃いますのでその時期からお口のケアは必要となります。

まだ歯が生え始めた乳児の歯のケアとしては、歯ブラシでゴシゴシと磨くという事はせずに「ガーゼで拭く程度」にとどめておき、歯がある程度揃ってきたら柔らかいブラシの歯ブラシ(乳児用の歯ブラシもあります)で磨いてあげるようにしましょう。

コンビ テテオ teteo はじめて歯みがき 乳歯ブラシセット

この時に、子供にブラッシングが「気持ちいい」とか「良いこと」という印象を持たせ、食後に歯を磨くことを習慣にできるようすることが大切ですよ。

それに乳歯は虫歯になりやすい上に進行が早いので、虫歯の原因となる「甘いモノ」はできるだけ避けるべき
・・・ですが、この点は過度に禁止してしまうということではなく、子供のストレスがたまらない程度に甘いお菓子なども与えて、その後にブラッシングをしてあげれば良いと思います。

ですが大人の虫歯ケアでも言えることですが、「ダラダラとジュースを飲む」というのはかなり虫歯のリスクが高まってしまうのでヤメましょうね。

そしてしっかりとケアをすることで乳歯に虫歯ができない状態で永久歯へと生え変わる時期に差し掛かれば、「幼い時に虫歯にならなかった生活習慣」や「しっかりと乳歯が生えそろっていることで永久歯が歯並びよく生えてくれる」ことなどの理由から思春期や大人になっても虫歯や歯周病リスクが低くなる傾向があるので「いつか生え変わる乳歯」とはいえ虫歯のケアを丁寧に行いましょうね。

歯医者さんへも乳歯が生えそろうぐらいから定期的な検診を受けることも大切で、歯医者さんによって汚れや歯垢を取ったり、フッ素を歯に塗ってもらうことで虫歯リスクがグッと低くなるので連れて行くことも良いと思います。

とはいえ子供のころに引っ張ってでも無理に歯医者さんに行ったり、歯医者さんで嫌な思いをして苦手意識がついてしまうのもあまり良くはありません。

最近では子供でも気軽に通えるような歯医者さんが増えているのでその点はそこまで心配する必要はないと思いますが…

とにかく親御さんは「食べ物や飲み物をダラダラと与えない」ことと「優しく丁寧なお口の掃除をしてあげる」ことはしっかりと実践しましょうね。

この記事のまとめ

  • 乳児の歯はとても弱いので「優しく丁寧にケア」することが大切
  • 子供がオーラルケアに対してイヤな印象を持たせないようにし、習慣化させる
  • 甘いお菓子やジュースは「まったく与えないのではなく、だらだらと食べさせない」ことを心がける
  • 乳歯のケアをしっかりとしておけば大人になっても正しくオーラルケアを無理なく続けることができる
  スポンサーリンク


コメントを投稿