虫歯リスクの高い食品・低い食品

虫歯になりやすい食べ物
どんな食べ物を食べるかによっても虫歯になるリスクは変わってきますよね。
そこで「虫歯リスクの高い食品・低い食品」を取り上げてみたいと思います。

虫歯になりやすい食べ物・なりにくい食べ物

虫歯は口の中が酸性に傾いてしまった時に発生しやすくなります。

ということはまずは「酸性の食品は虫歯リスクが高い」ということになりますよね。

具体的には「お酢」や「酸味のあるフルーツ」などはその酸っぱさからイメージ的に酸性だということはわかるのではないでしょうか。



それ以外にもサラダにかけるドレッシングもお酢が使用されているケースが多く、虫歯のリスクは高いですよね。

そして一番気を付けないといけないのが「お砂糖」で、砂糖は歯にとって良くないことは分かりきっていることだと思いますけど、これはお砂糖が口の中に入ると「虫歯菌と合わさってが酸を発生させる」ためで、一般に販売されている甘い炭酸飲料は注意が必要ですよ。

ちなみに逆に虫歯になりにくい食品というと・・・お水お茶などの飲み物や、お肉・お魚などはリスクは低くなっており、牛乳やチーズなどの乳製品も口の中を酸性にしないので問題はありません。

このように食品によって虫歯のなりやすさは変わってきますが、だからといって「お酢を使わない」、「フルーツや甘い食べ物を一切食べない」という生活は現実的に不可能ですよね?

ですのでこのような食品を食べる時には同時に「虫歯リスクの少ないお水やお茶を同時に飲む」ことが大切です。

こうすることによって口の中に残った食べ物の成分を洗い流すことができますし、理想を言えば食後に歯磨き洗口液でお口をゆすぐことを心がければリスクはグッと低くなりますよね。



それと人間のお口の中では唾液が酸を中和して歯の修復(再石灰化)までしてくれる自浄作用がありますので、「食後は唾液が酸を中和したり、歯を修復する時間をしっかりとる」ことを心がけましょう。

ということで、虫歯にならないためには「できるだけリスク高い食品を避ける」ことも必要ですが、「1日中何かを食べ続ける」とか「ダラダラとジュースを飲む」ということをせずに「おやつは1日1度だけにする」ことでかなり対策はできるので実践されてみてくださいね。

この記事のまとめ

  • 定番の「お砂糖」は一番気をつけたい虫歯リスクの高い食べ物
  • お酢やフルーツなどの酸っぱいものは歯を溶かす作用があり、虫歯のリスクは高い
  • 食事やおやつの内容にこだわることは必要だが、気を使いすぎずに食後のブラッシングやうがいなどでケアをすることが大切
  • ジュースは糖分や果汁などが入っているのが要注意。特にだらだらと時間をかけて飲むことはヤメましょう
  スポンサーリンク


コメントを投稿