歯周病リスクの高い人

歯周病になりやすい人
「歯周病のリスクが高い人」について知っておくことは、オーラルケアをする上でとっても大切ですよね。
そこで歯周病になりやすい人の特徴についてご説明したいと思います。

歯周病リスクの高い人

歯周病になりやすい人といえば・・・当たり前ですが「オーラルケアを怠っている人」がまず挙げられますよね。

歯周病の直接原因は「歯周病菌」なので、その菌の住み家である歯垢をブラッシングで落としたり、菌の繁殖を抑えるようなマウスウォッシュなどを日常的に利用することはとっても大切です。

コンクールF

ですがオーラルケアをしっかりと行っている人でも歯周病に突き進んでしまうような習慣があるとそのリスクはグッと高まってしまうことがありますよ。

その習慣の中でも「喫煙」はかなり歯周病と関連していて、タバコは歯茎の血行を悪くさせる上に、お口の中の歯周病菌と戦うための免疫力も落ちてしまうのでタバコを吸っている人は確実に歯周病への道を突き進んでしまうこととなります。

もちろん歯周病リスクは「タバコを吸ってきた期間や本数」が関係してくるので、どうしてもタバコは生きがいで止められないなんて人は100歩譲ってせめて本数を減らすようにしましょうね。

そして先ほど挙げた歯周病菌に対抗する免疫力に関しては、タバコだけでなく「ストレスや不規則な生活、食生活」などでも大きく変わってくるので、結局のところは「体に良いとされている食べ物や生活習慣習慣は歯周病対策になる」ということになるのではないでしょうか。

それと・・・これはどうしようもないことですが「女性」や「高齢者」も歯周病リスクは高まってしまいます。

女性に関しては女性ホルモンの影響で男性よりも歯周病にかかりやすく、妊娠や閉経、思春期など体が変わってくる時にリスクがかなり高まるので注意をされてくださいね。

高齢者は「免疫力の低下+唾液の減少」というダブルで歯周病リスクが高くなりやすいので、自分が歯周病になりやすいということを知った上で「日々のブラッシング」や「オーラルケアアイテム選び」「唾液分泌量を増やす食事やマッサージ」などの対策を心がけましょう。

この記事のまとめ

  • 歯周病は毎日のオーラルケアをサボってしまうとリスクがとても高くなる
  • 血行が悪くなり、免疫力も落ちるタバコは歯周病の大敵
  • 女性ホルモンの影響で女性は男性よりも歯周病にかかりやい
  • 高齢者は年齢とともに唾液が減り、「ドライマウス」になりやすいのでしっかりと唾液を出すような生活習慣を心がけましょう
  • ストレスは歯周病菌に対する免疫力の低下だけでなく、「歯ぎしりやTCH」といった歯と歯茎に負担がかかるクセを引き起こすのでお口のトラブル対策としてもストレス解消は大切
  スポンサーリンク


コメントを投稿