思春期特有の口臭と対策法

思春期の口臭

思春期の口臭

他人はもちろん自分の口臭は、人とコミュニケーションをとっていればどうしても気になってしまいますよね。

ですので一般的には社会人で接する仕事をされている人が気にされていることが多いですが「中高生」でもかなり悩んでいる人が多く、確かに学校内でのコミュニケーションが日常的に行われているときに「友人から口臭を指摘された」なんてことがあれば相当なショックを受けてしまうので、思春期の人でも口臭にはかなり関心があると思います。



そして口臭の中でも思春期特有の口臭というのもあって、その原因としては成長期により「お口の中の菌が変化したりホルモンの影響」などが考えられるそうですよ。

このような原因での口臭は成長とともにしだいにおさまってくるので、口臭が強くなりがちな思春期には強めの口臭ケアグッズでこまめにケアすればそれほど心配はありませんが、中高生ぐらいだと脂っこいガッツリ系の食べ物を好む人がいる反面「朝食を食べない」という人がたくさんいて、食事面からの口臭には注意ですよね。



脂っこい食べ物は口臭や体臭の原因となりますし、「睡眠中に爆発的に増えた口の中の菌による口臭」が強いまま朝食を食べないことで口臭ケアできず登校してしまうと、強力な口臭を周りに振りまいてしまうのでこのような習慣は絶対に避けましょう。

特に朝食を食べないと口臭や虫歯対策となる唾液が少ないまま午前中を過ごすこととなるので、口臭だけでなく虫歯にもよくありませんのでできるだけ噛みごたえのある物を朝食として食べることをオススメします。
(もちろん朝起きたらしっかりとブラッシングをして菌を洗い流すことは大前提ですよ)

その他にも学生時代は精神的にまだ強くなってない状態でも周りからたくさんのストレスを強く感じやすいので、唾液が減って口臭が発生する人もいらっしゃると思います。

ストレスによる口臭はなんだかんだで社会人になってもつきまとうお口のトラブルとはいえ、色々な経験をしていくことで考え方が図太くなったりすることもありますし、最近では効果の高い口臭対策アイテムが揃っているので「生活習慣とケアアイテムで口臭対策はしっかりできる」ということを頭に入れておき、そこまで真剣に悩まずに学生生活をおくられてくださいね。

この記事のまとめ

  • 「思春期=体が変化していく時期」なので特有の口臭が発生しやすい
  • 成長期の口内環境の変化による口臭ならば、大人になることで解消される
  • 思春期はストレスを感じやすい人が多いので「ストレスでの唾液の減少」による口臭には注意
  • 適切なオーラルケアや「朝食を食べる」などの生活習慣で思春期の口臭は軽減できる
  スポンサーリンク


コメントを投稿