さっそく新商品の「LISTERINE(リステリン) トータルケア ゼロ」を試してみました。

新発売の液体ハミガキ剤の「リステリントータルケアゼロ」を私もさっそく試してみましたので、その感想を簡単にご紹介したいと思います。

リステリントータルケアゼロを買ってみた感想

「リステリントータルケアゼロ」は以前から発売されている「リステリントータルケア(アルコールが入ったタイプ)」と同じ効果を持つ液体ハミガキとなってます。

リステリントータルケアゼロ
以前に「リステリントータルケア」の記事は書いたので合わせてご確認いただきたいのですが、新商品はリステリントータルケアの「口臭や歯垢の沈着、歯の着色…」など6つの効果を維持しながらもアルコールが含まれていないタイプだというから素晴らしいですね。

やはりリステリンを使用している人からすると日本人には強過ぎる刺激によって、使うこと自体を敬遠してしまったり「薄めて使用する」なんとことがあっただけにアルコールが「ゼロ」であるリステリントータルケアゼロはかなりの魅力があるのではないかと思います。

というわけで私も自宅でできるだけ効果的なお口のトラブルケアをしたいと日々感じているので、発売してすぐさまこの新商品に飛びついてしまいましたよ。
(しかも勢い余って2本購入♪)

そして実際に使ってみた感想を一言で言ってしまうと・・・「刺激が弱くて使いやすいのでかなりオススメ」といったところですした。

もちろんアルコールが含まれたリステリントータルケアの使用経験も私はありますけど、トータルケアゼロは刺激が弱いことによって「口の中が痛くなることから、しっかりとゆすがないでスグ吐き出してしまった」なんてことがないので、お口全体に薬剤を行き渡らせることができるのが嬉しいポイントでしたよ。

これはトータルケアゼロの一番の特徴であり「一番のメリット」だと私は感じてますけど、「アルコールが含まれてないから全く刺激がない」ということはないので、ずっと口の中に入れていると舌がピリピリとはしてきてしまう点は一応ご注意くださいね。

効果の面ではメーカーさんを信頼するしかないのですけど(もともとリステリントータルケアの効果にはかなり定評があったので信頼して大丈夫だと思いますが…)、個人的には「トータルケアとトータルケアゼロのどちらを使いたいか?」といわれれば私は迷わず「ゼロ」を選択します。

それと、リステリントータルケアは液体ハミガキなので口に含んだ後にブラッシングをする必要があるのですが、多分リステリントータルケアを使ったことのある人ならばいつも感じている「使用後の独特な味や爽快感」はしっかりと受け継がれているので「アルコールがないことでスッキリ感はどうなの?」って人でも満足できると思いますよ。

それにしてもナゼ今までなかったのかと思えるぐらい、間違いなくリステリンのイメージをアップさせてくれる画期的な商品だと私は感じましたので、皆さんも是非ともご利用になってみてくださいね。



ちなみに私は電動歯ブラシを使っているので歯への影響を考えて研磨剤入りの歯磨き粉は使っておらず、今までは「電動歯ブラシだけだと歯の着色が起こってしまいそう」で少し不安を感じてました。
ですので刺激が強すぎず「自然な白い歯」に近づけてくれる「LISTERINE(リステリン) トータルケア ゼロ」には虫歯や歯周病ケアだけでない部分でもこれからかなりお世話になりそうです♪

「リステリントータルケアゼロ」についてのまとめ

  • 「リステリントータルケアゼロ」はアルコールが入っていない低刺激タイプの歯磨き剤
  • 効果に定評のある以前の「リステリントータルケア」と同じ効果があるのでこれひとつでいろいろなお口のトラブルケアができる
  • 刺激が少ないことで「今まで刺激が強すぎて使えなかった人」も安心
  • さらに時間をかけてお口全体に成分を行き渡らせることができるのも大きなメリット
  • 歯磨き後のスッキリ感はしっかりと残ってくれる
  • 他のリステリンシリーズと比べると、幅広い効果があるだけに「トータルケア」は価格が少し高めなのがネック
  スポンサーリンク


コメントを投稿