妊娠中のオーラルケアについて


これから妊娠の予定がある方や現在妊娠中の人へ向けて「妊娠とオーラルケア」について取り上げてみたいと思います。

妊婦さんとオーラルケア

妊娠をされている女性は体にもう一つの命が宿っている状態なのでいろいろな所で体や心の変化が出てきますよね。

なので体の一部分である「口の中」も変化が起こってしまい、妊娠中は歯周病リスクや虫歯リスクが高くなってしまうので注意が必要ですよ。



その変化として一番大きいのが「妊娠することでエストロゲンなどの女性ホルモンが活発に分泌」されてしまうことで、この女性ホルモンの影響で歯周病菌が繁殖しやすくなってしまうことがあります。
(妊娠性歯肉炎という言葉があるぐらいなので妊娠と歯茎のトラブルにはとっても関連性は高い)

しかもこのようなホルモンの影響だけではなく、妊娠初期~3ヶ月ぐらいまでは「つわり」が頻繁に起こるケースがあり、「ブラッシングするだけで吐き気が強まってしっかりと歯磨きできない」なんてこともお口のトラブルの危険性が高まる原因となってしまいます。

その他にもよく「妊娠中は酸っぱいものが食べたくなる」なんてことをよく聞くと思いますが、「酸っぱい食べ物=酸性の食べ物」は歯にとっては大敵なので、こういった食べ物の嗜好が変わるというのもご注意くださいね。

さらに、妊娠中や出産後は「体が思うように動かしにくいことや忙しさで歯医者さんに通えない」なんてケースも多いので、これらの妊娠中のお口のトラブル対策として一番重要なのが「妊娠前にしっかりと歯医者さんに通って歯石取りや歯周病チェックを行っておく」ということになります。

妊娠前にある程度お口のトラブルケアしておけば、その後1年間ぐらいの妊娠・出産の間でも深刻な状況になることはまずあり得ないので安心して出産~子育てに専念できるのではないかと思いますよ。

そして妊娠中は「つわり」を誘発させないように「歯ブラシはヘッド部分が小さめのもの」を使ったり、短時間で済ませるために「電動歯ブラシ」を使うことも良いですね。



それと「歯磨き粉の香り」にまで敏感になってしまうので、自分の好みに合わないような歯磨き粉は避けてくださいね。
(香りが嫌いな歯磨き粉はそもそも妊娠中でなくても使いたくないでしょうけど…)

さらにブラッシングの効果を高めるために洗口液を使ったり、お水の勢いで歯垢や食べカスを洗い流す「口腔洗浄器」は歯ぐきへの負担が少ないのでかなりオススメのオーラルケアグッズですよ。



歯周病が悪化することで早産のリスクなども良く言われていることなので、自分のためにも生まれてくるお子様のためにもしっかりと自然のケアと妊娠中のオーラルケアをしていきましょう。

この記事のまとめ

  • 女性は「女性ホルモンの影響で歯周病リスクが男性よりも高い傾向がある」ので妊娠中は特に注意
  • ホルモンの影響だけでなく、妊娠による体の変化や嗜好の変化でもお口のトラブルが発生しやすい時期でもある
  • 妊娠~出産の予定がある人ならば、妊娠中や子育て中にお口の状態が悪化しないように事前にしっかりと歯の検診を受けておくことが大切
  • 妊娠中は歯茎から出血しやすいので「ブラシは柔らかめのタイプを選ぶ」ことや「優しく磨く」ことも忘れずに
  • 「電動歯ブラシや口腔洗浄器」は体を動かしにくい妊娠中には特にオススメのオーラルケアアイテム
  スポンサーリンク


コメントを投稿