電動歯ブラシDoltz用のポイント磨きブラシ「EW-0940」を購入

現在私はパナソニックの「Doltz EW-DL12」という電動歯ブラシを使っており、価格帯から考えれば十分な使い心地の良さにとっても満足しています。

ただ、最近になって段々と・・・「歯間部分の着色」が気になってきてしまい、「いわゆる通常の形のヘッドでは磨き切れていないんじゃないか?」という不安も感じてきてしまいましたので、今回EW-0940-W」というタフトブラシのような形状になっているポイント磨きブラシを購入して試してみました。

●商品のパッケージはドルツシリーズの替えブラシではおなじみのデザインなので特に撮影する必要はなかったですね♪
(撮影の角度もかなり悪いですし…)


●ブラシの先端の形状はこのように細くなってます。


EW-DL12に取り付けてみると、かなり柄の部分が細いので通常のブラシと比べるとスッキリとした印象ですよね。
 

・・・というわけで、さっそく着色が気になる「歯間部分や歯の裏側部分」などを磨いてみましたが・・・
さすがに普段のブラッシングでは届かないようなところまでウマいこと先端が入り込んでくれる上に、EW-DL12の細かな音波振動が心地よくて使った感じはとても良かったですよ♪

たぶん、ポイトクブラシでの磨き方のコツとしては・・・「毛先が潰れない力加減で優しく磨く」ことが大切っぽいですね。
・・・って、「力を入れ過ぎない」というのは普段電動歯ブラシを使うときの基本でもありましたね♪

これならば私のような歯間の汚れが気になる人はもちろん、歯並びが悪くて歯が重なりあってしまってる人でも安心してケアできると思います・・・が、
私はいちおう「研磨剤が入った歯磨き粉」を付けて歯間を掃除してみましたが、数回のポイントブラシでのブラッシングでは「着色がスッキリと落ちました」なんてことにはならなかったので「定期的に繰り返す」ことや「ステインオフ系の歯磨き粉を使う」なんてことが必要のようですね。
(「電動歯ブラシでのポイント磨き」は毎日やろうとするとかなり面倒な上に、歯や歯茎の負担も無いとは言えないので「数日に1回(週に1回?)ぐらいの頻度」で良いと思いますよ。)

●ちなみに、お手頃価格で「ステインを落とすためのオーラルケアアイテム」も売ってますし・・・

・・・「ドルツEW-DL22EW-DL32」のようにステインオフブラシが付属している電動歯ブラシもありますので、皆さんはご自分に合う方法で着色汚れ対策をされてみてくださいね。



それと、ポイント磨きブラシである「EW-0940」を使っていて個人的に気になったことといえば、
(使用前から分かりきっていたことなんですが…)全ての歯の隙間をしっかりと磨こうとすると「ポイントブラシなので短時間でササッとは磨けず、電動歯ブラシの駆動時間もそれなりに伸びてしまう」ということが難点といえば難点・・・ではあるのかな?

ですので、通常の歯ブラシが届きにくい「歯間部分や奥歯、歯が重なりあってしまっている部分をケアしたい」とお感じならば、「電動歯ブラシ用のポイントブラシ」ではなく「タフトブラシ」を購入してしまうのも選択肢のひとつとしてアリだとは思います。



もちろん勝手に振動してしっかりと磨いてくれる電動歯ブラシほどのパワーはありませんが、手動で行うタフトブラシには「テレビを見ながら」とか「外出先の空き時間」などにちょこちょこと自分のペースで磨けるというメリットがありますからね。

というわけで、結局「EW-0940」を使ってみた私の正直な気持ちとしては・・・
使い心地が良くてしっかりとスキマを磨いてくれている印象はあるけど、電動歯ブラシを長時間使用することでのバッテリーのヘタリが心配…
というなんともケチで細かな感想となってしまいました♪



皆さんも「フロスや歯間ブラシ、タフトブラシなどではナカナカ思うような効果が得られない」なんて不満を感じていて、すでにポイントブラシやステインオフブラシに対応している電動歯ブラシをお持ちならばこれらの「ポイント磨き系の替えブラシ」をお試しになってみてはいかがでしょうか?
(別に「電動歯ブラシ本体をわざわざ歯間掃除用に新ためて購入する」というまでの必要はないと私は思いますので…)
  スポンサーリンク


コメントを投稿