「歯周病からくる口臭対策」には乳酸菌!

口臭の原因としては「口の乾き」や「胃腸の調子が悪い」などもありますが、年齢が高い方に比較的多いのが歯周病による口臭なんですよね。
そこで今回の記事では、歯周病菌による口臭対策として注目されている「乳酸菌」について取り上げてみたいと思います。



まず、普段から皆さんはあまり意識しておられないでしょうけどお口の中は腸ほどではないにしろ様々な菌が存在しています
ですので、このことから考えれば・・・腸内環境を整えるためにヨーグルトや発酵食品などから乳酸菌を摂取することと同じように「お口の中の環境を良くするために乳酸菌を摂り入れる」というのはなんとなく分かりやすい流れなのではないでしょうか?

ちなみに、歯周病の原因となる菌は歯周ポケットという歯と歯ぐきの間の隙間でプラークと一緒に住み着いており、この歯周病菌が悪臭の原因となるようなガスを発生させることから口臭に繋がってしまうのですが・・・
さらに歯周病菌は歯自体ではなく歯を支えている組織に対してダメージを与えてしまうため、何も対策をせずに放っておくと歯周ポケットがどんどんと深くなりさらに歯周病菌が活動しやすい環境になってしまうのでお早めに対処することが大切なんですよね。

この「年齢とともに多くの人が体験してしまう歯周病」の対策方法としては、
最初に書いたように歯周病菌に対抗してくれる乳酸菌を使うことになるのですが、実はこの乳酸菌は虫歯菌(ミュータンス菌)に対しても有効に働いてくれるので「乳酸菌でオーラルケア」というのは実践していく価値があるので積極的に摂り入れることがオススメですよ。

そして「どのように乳酸菌でオーラルケアすれば良いのか?」ということですけど、
これは「単にヨーグルトを食べる」というだけでも悪いことはないとはいえ、やはり「お口の中に乳酸菌を留まらせる」ことが重要なので・・・
ヨーグルトを歯磨き粉代わりに使ってブラッシングをする
乳酸菌入りのタブレットを舐める
・・・というのが基本的な方法となります。



ヨーグルトを歯磨き粉代わりに使う際には・・・当たり前ですけど「無糖のヨーグルト」を使う必要がありますし、歯と歯ぐきの間にこすりつけるようにヨーグルトで歯磨きをしてからあまりお水で口をゆすがないようにしてくださいね。
(あと個人的には…「まずは一度しっかりと歯を磨いて口をゆすいだ後に仕上げとしてヨーグルト磨きをする」のが良いと思います。)
こうすることでお口の中に乳酸菌が残って歯周病菌や虫歯菌としっかりと戦ってくれますよ♪

ヨーグルト歯磨きのタイミングとしては、「寝ている間に一番歯周病菌の活動が活発になる」ことから「就寝前」か「朝起きた直後」に行ってくださいね。

もちろん乳酸菌入りの洗口液や歯磨き剤を使うことでも歯周病菌による口臭対策はできます(…むしろこちらのほうが王道ですよね♪)が、「普段食べているヨーグルトを使う」という手軽さはあると思うので皆さんも興味がある方はお試しになってみてはいかがでしょうか?


この記事のまとめ

  • 歯周病は口臭の大きな原因。加齢によって「唾液が減る + 免疫力が落ちてくる」ことから多くの人が歯周病になってしまうので早めの対策が必要。
  • お口の中の歯周病菌対策には「乳酸菌」が効果的、「ヨーグルトや乳酸菌入りタブレット」を使用するのが手軽でおすすめ
  • 就寝中は唾液が減ることで口内環境が大きく乱れがちなので就寝前のブラッシングには特に気を使うことが大切。
  • ブラッシング時には…ヨーグルトを使うにしろ歯周病対策用のハミガキ剤を使うにしろ「使用後にあまり洗い流さない」ことがポイント
  • 乳酸菌は虫歯対策にも有効とされているのでオーラルケアに関心がある方ならば積極的に使ってみましょう。
  スポンサーリンク


コメントを投稿