タフトブラシで隅々まで歯のブラッシング

タフトブラシ
普通の歯ブラシではなかなか届かない場所でも磨くことのできる「タフトブラシ」についてご説明したいと思います。

タフトブラシとは?

タフトブラシとは鉛筆の先のような状態の毛束が一つだけでできたブラシのことを言います。

歯科用 LA-001 【Lapis ワンタフトブラシ】 ふつう アソート (6本セット) 歯科医院様と共に考えたワンタフトです。◆ グッドデザイン賞受賞商...

このタフトブラシは奥歯の奥側まで楽に磨くことができますので、普通の歯ブラシを口の奥まで入れるのがすこし苦手・・・という人でも安心して使用できるのではないかと思いますよ。

それ以外にも、「歯と歯が重なった部分」や「奥歯の高さが違う部分」などの歯並びが悪い部分も普通の歯ブラシでは磨き残しが多くなりがちですけど、タフトブラシならば簡単に磨くことができるので自分の歯並びに合わせたタフトブラシ使いを身につけることが正しいオーラルケアには必須なのではないでしょうか。

それに尖った形状のブラシなので歯の矯正をしている人でもワイヤーと歯の間までブラシを届かせることができるので矯正中の方ならばとくにオススメのアイテムとなっております。

使い方はタフトブラシの柄を軽く持って奥歯の奥側ならばブラシの側面を当てるように磨き歯と歯の間はタフトブラシの先端で磨くようにして、1日1回で良いので時間がある夜寝る前のブラッシング時に使ってケアしていきましょう。

力を入れ過ぎるとブラシが割れて洗浄力が落ちますので、あくまでも「優しく・ピンポイント」で磨くことを心がけてくださいね。

最近では電動歯ブラシのアタッチメントでもタフトブラシが取り付けられる商品があるので、手磨きだけでなく短時間で細かな部分もオーラルケアされたいるのならば、積極的にタフトブラシが取り付けられる電動歯ブラシを選ぶと良いと思います。


タフトブラシについてのまとめ

  • ブラシが小さくて細いので普通の歯ブラシで届かないところまで磨くことができる
  • 奥歯の奥歯と歯の間歯並びの悪い部分矯正器具と歯の間など自分の歯の状態に合わせて使用することが大切
  • 力を入れ過ぎてブラシが潰れると洗浄力が落ちるので優しく細かく動かしながら使うのが良い
  • 電動歯ブラシに取り付けられるタフトブラシも多い
  スポンサーリンク


コメントを投稿