職場での口臭に関して気をつけたい時間帯やシチュエーション

職場での口臭
接客業をされている人以外でもオフィス内の同僚による「口臭」はとっても気になりますよね。
そこで会社勤めをされている人ヘ向けて「口臭に関して気を付けおきたいポイント」をまとめてみました。

会社内での口臭について

一緒のオフィスで働いていると朝から就業時間まで一日中ずっと、自分はもちろん同僚の口臭も気になってしまいますよね。

皆さんも「お昼ごはんを食べた後」ならば歯磨きをしたり、ガムを噛んだりして口臭には気をつけると思いますが、実際のところ「出社してすぐ」とか「夕方から夜」の間はどうしても口臭ケアに気が回らずに周りに迷惑をかけてしまうケースが多いそうですよ。

そして口臭は「隣の席」とか「ミーティングの会話中」に気になるという人も多いながらも、意外なところで「エレベーターの中」とか「休憩室」などでも口臭に不快感を感じている人が居るので、結局のところオフィス内では「いつでも、どこでも」口臭ケアをする必要があることとなります。

とはいえわざわざ仕事中に抜け出して歯磨きや舌磨きをしにいくというのは現実的ではありませんよね。

ですのでこういった場合には自分のデスク周りでもできる口臭対策を実施することが良いですよ。

具体的には、「ガムを噛む」とか「頬をマッサージして唾液を分泌させる」などの方法ならば、周りにもそれほど口臭対策をしているということを悟られずにひっそりとできるのでオススメです。
・・・もちろんガムは「くちゃくちゃ」と音を立てて噛むのではなく奥歯でゆっくりと噛み締めると、「噛むことによる刺激」と「気分がリラックスできる」ことにより唾液がしっかりと出てくれますよ。
歯科医院専用リカルデントガム ホワイトクリアミント味 150gボトル
ちなみに仕事中はどうしてもストレスを感じやすく、さらにパソコン等に集中することも多いので口臭が発生しやすいシチュエーションであることは間違いありません。

ですので気が付きにくい自分の口臭に関して「自分だけは大丈夫♪」と過信せずに、常に対策をとって同僚とのコミュニケーションが円滑にできる環境づくりをしましょうね。

職場での口臭についてまとめ

  • 昼食後などは忘れずに口臭ケアしている人でも「出社時や夕方」などは比較的ケアを怠りやすい時間帯なのでお忘れなく
  • 人と近くで話すときはもちろん、密閉空間での口臭を不快に思う人は多い
  • ガムを噛んだり頬のマッサージ」で唾液を出すことはオフィス内でも簡単にできる口臭対策なのでオススメ
  • 仕事に集中している時やストレスを感じてしまうと口臭は強くなるので注意
  スポンサーリンク


コメントを投稿