健康的な歯や歯茎のために必要な栄養素とは

歯に必要な栄養素
歯や歯茎も体を構成する一部分なので、しっかりとした歯を作るには栄養が大切ですよね。
そこでどのような栄養が歯に良いのか?について調べてみました。

歯に良い栄養素について

まずはなんといっても「カルシウム」ですよね。

これはなんとなく想像がついたのではないかと思いますけど、体内のカルシウムのほぼ全ては歯と骨に存在するぐらいなので歯の形成には必須の栄養素となっております。

そしてお次が「ビタミン類」を摂ることが大切です。

ビタミンというとお肌のために摂っているという人が多いでしょうが、ビタミンAはエナメル質を作ってくれる歯の成長には欠かせない栄養素ですし、ビタミンの代表格でもあるビタミンCは歯茎を作るためのコラーゲンのサポート役として働いてくれるので歯周病で歯茎にダメージがある方や健康的な歯茎を手に入れたいという人にはオススメですよ。

さらにビタミンDはカルシウムが歯や骨にしっかりと作用してくれるために裏方としてセッセと働いてくれるので歯の丈夫さ高めたいのならばカルシウムと同時にビタミンDもお忘れなく。

それとビタミンDと同じようにカルシウムの吸収を助けてくれるマグネシウムも重要な栄養素ですよ。

その他にも体の土台作りに一役買ってくれる「タンパク質」も当たり前ですがオーラルケアには必要な栄養となっています。

ちなみにそれぞれの栄養素がどのような食品から摂取できるのかというと・・・
  • 「カルシウム」は乳製品や骨ごと食べられる小魚、大豆など
  • 「ビタミンA」は、ニンジンなどの緑黄色野菜や卵・チーズなど
  • 「ビタミンC」は、赤ピーマンやブロッコリーなどのお野菜、アセロラ・イチゴなどの果物など
  • 「ビタミンD」は、お魚やキノコなど
  • 「マグネシウム」は、豆類(納豆、大豆)や昆布、アーモンドなど
  • 「タンパク質」は、お肉やお魚、卵、大豆製品などなどたくさん
といったような食品から栄養を摂れます。

食事に関しては、ジャンクフードなどできあがったものではなく、野菜やお肉、お魚などの素材から作ることで自分が食べた栄養素を把握できますし、大きめに具材を切ることで噛む回数が増えてオーラルケアにもつながります

ですので皆さんもできるだけ料理を作り、これらの栄養素を賢く摂取して体の中から健康的な歯や歯茎を作っていきましょうね。

歯に必要な栄養素まとめ

  • カルシウムは「歯と骨」にほとんど使用されているので一番重要な栄養素といえる
  • ビタミン類も歯や歯茎を健康に保つためには必須
  • ひとつひとつの栄養素を意思して食事をするのは大変なので、ジャンクフードなど「明らかに栄養バランスが悪い食事」はできるだけ避けて「いわゆる健康的な食事」を心がけるだけでも良い
  • 小魚はカルシウムなどの栄養も優れている上に、よく噛んで食べる必要があるのでオーラルケアにはうってつけ
  スポンサーリンク


コメントを投稿