砂糖さえ食べなければ虫歯対策は万全なのか?

お砂糖は虫歯の大きな原因になる」ということは皆さんもご存知だと思います。
ということは「砂糖を食べなければ虫歯にならないのか?」というギモンが湧いてくるのではないかと思いますので、さっそくその事について調べてみました。

お砂糖だけを避けていれば虫歯にはならないの?

甘いビスケットや和菓子・ジュースなどは虫歯に直結するというか、虫歯になることが想像付きやすいと思いますが、このようなあからさまな虫歯リスクの高い食品以外にも「ご飯(白米)」でも虫歯になってしまうので注意が必要ですよ。

これはお米に含まれている「でんぷん質」によるもので、でんぷん質はブドウ糖が連なっている「多糖類」であり、お口の中で唾液と混ざり合うことで虫歯リスクのある「麦芽糖」に変化してしまうからだそうですね。

ですがご飯を食べればどんどんと麦芽糖が口の中に発生して虫歯で発生しやすくなるのかというとそこまでではなく、大量の麦芽糖ができるわけでもない上に、しっかりと唾液と混ざり合う前に飲み込んでしまう人が多いので「お米で虫歯リスクがグッと高くなる」というところまで気にするほどの食品ではないようですよ。

さらにデンプンを含む食品としてはジャガイモなども有名ですので、一応スナック菓子などをおやつに食べた時にはしっかりと口をゆすいだり歯を磨くことで虫歯対策をすることができので実践されるのがオススメです。



お米にしてもジャガイモにしてもお砂糖と比べるとかなり虫歯になるリスクは低いとはいえ、「口の中に留まり続ける」ことで虫歯菌が酸を作りだすチャンスが増えてしまいますからね。

それと「牛乳」も乳糖によってお口の中が虫歯になりやすい酸性に傾いてしまうので、虫歯リスクゼロの飲み物というわけではありませんよ。
(こちらもそこまで気にするほどのリスクの高さではありませんけど…)

ちなみに最近では「糖質制限ダイエット」という糖質を含む食事(ご飯、パン、パスタなどの炭水化物食品)を食べないダイエット方法が定番化しつつありますが、オーラルケアの面から考えてもある程度効果はありそうですね。
・・・ただ個人的には過度な「糖質制限ダイエット」自体はエネルギー不足になりやすくて体に良くないのでやらないほうが良いとは思ってますが・・・

とにかくスイーツのようなハッキリとした甘さだけでなく、「ご飯の甘味」とかのほんのりとした甘みでも虫歯にはなってしまうので「特定の食品を避けて虫歯にならないようにする」というのは無理があります。
ですので「虫歯にならないための食事内容」にこだわるよりは、丁寧なブラッシング洗口液などのオーラルケアを実践される方が現実的で確実な方法ですよ。

この記事のまとめ

  • もちろん砂糖は虫歯の大きな原因ではあるが、砂糖以外の食べ物でも虫歯になる可能性はある
  • 虫歯リスクがそれほど高くないにしても「お米やジャガイモ」などにも糖類が含まれているので「虫歯にならない食べ物だけを食べる」ということには難しい
  • 砂糖を避ける事はオーラルケアにはとっても大切だが、どんな食べ物を食べたとしても「食べた後にブラッシングや口をゆすぐ」などをしてしっかりとケアをすることがもっと大切
  スポンサーリンク


コメントを投稿