「クリニカ」シリーズのデンタルリンスと歯磨き粉を購入してみました。

ものすごい個人的なお話なんですが・・・先日、たまたま「近所のドラッグストアの10%割引クーポン」を手に入れたことをキッカケに「新しいオーラルケアアイテムを試してみようかなぁ?」なんてことを思い立ってしまい、よく利用しているお店に駆け込んでいろいろな商品を物色していたところ・・・
比較的評判が高いと思われる「クリニカ」シリーズの中から液体歯磨きの「クリニカ アドバンテージ デンタルリンス」と歯磨き粉の「クリニカ」が少しオトクに販売されていたので購入してみました。

●購入した商品


とはいっても現在私は、以前の記事でも書いたのですが「リステリン トータルケア ゼロをまとめ買い」してしまっている上に、併用して使っている歯磨き粉もまだ残っている状態なので「この記事では実際に試したレビューなどは無い」のでその点はご了承くださいね。
・・・もちろんクリニカを試したらすぐに記事に書きたいと思います。

ただ、こんなことを言ってしまうと元も子もないとはいえ、歯磨き粉やデンタルリンスの効果の中でも口臭対策に関してはすぐに実感できるとはいえ、虫歯・歯周病対策に関してはすぐに判断ができない部分もありますし、前評判の時点でクリニカのデンタルリンスは「長時間殺菌効果が持続」することや「低刺激で使いやすい(私が購入した低刺激タイプに限りですが)」ことは折り紙つきなので私が評価するまでもなくクリニカはオススメのオーラルケアアイテムだとは思いますよ。

でもクリニカは良い商品であることは間違いなのですが・・・私の場合、実際に私が近所のドラッグストアで10%割引クーポンを使って購入した金額は通販サイトのAmazonで販売されている価格とそれほど変わらないのを購入後に気がついてしまったのが少し悲しかったです・・・
値段が変わらないなら重い液体ハミガキはAmazonで買って自宅に配達してもらったほうが楽だったなぁ。



それにしてもAmazonがドラッグストアよりも安い価格で販売しだしたら私達からすれば嬉しい限りですけど、実店舗で買う人があまり居なくなってしまいお店の経営が心配・・・なような気がしますが、「すぐに手に入れて使いたい人」や「チラシなどでセール品をつぶさにチェックしている人」からすればまだまだドラッグストアで購入するメリットは十分にあるので皆さんも自分にあった購入方法で購入されて賢くオーラルケアアイテムは手に入れてみてくださいね。

・・・とにかく、ここからは少しだけクリニカの商品説明をしてみますと、「クリニカ アドバンテージ デンタルリンス」は2つの殺菌成分の作用によって「一番虫歯や歯周病の原因菌が活動しやすい就寝中」のオーラルケアができる商品となっており、寝ている間の長い時間も作用してくれるというのは嬉しいポイントですよね。

使い方は特に難しいことはなくて、リステリントータルケアと同じ「液体歯磨き」なので「口でゆすいでからブラッシングする」だけでOKですよ。
(「クリニカクイックウォッシュ」という商品は「洗口液」なのでお口でゆすぐだけでケアできるアイテムとなっています。)



ここで、今回の私のように「同じ使い方である液体歯磨きクリニカの歯磨き粉を一緒に購入」してしまったのが少し変な感じだと思ってしまう人もおられるでしょうが、クリニカの歯磨き粉」に関してはデンタルリンスではケアできない「高密着のフッ素」が配合されているので、クリニカの歯磨き粉とデンタルリンスでは「使い方は一緒だけどそれぞれの効果が違う」ので併用していろいろな角度からケアしていくことは大切だと感じています。
(たぶん、私の場合ならば「朝に歯磨き粉を使い、寝る前にはデンタルリンスを使う」ようにすると思いますよ。)



ちなみにクリニカの歯磨き粉には「クリニカアドバンテージ」という商品もラインナップされていて、こちらは高密着フッ素だけでなく「プラークを取り除くための酵素」や「プラークを歯石になることを邪魔する成分」なども入っているのでさらに高性能な商品のようですね。

もちろん「クリニカアドバンテージ」のほうが通常のクリニカよりも価格が高くて、私が確認したところでは50円から100円ぐらいの価格差だったと思います。
私の場合は同時にデンタルリンスを購入したために、少しケチって通常のクリニカを選んでしまいました。



個人的にクリニカシリーズは「お口のトラブルを未然に防ぐための工夫がしっかりされているオーラルケアアイテム」だという印象が持てましたので、実際に使ってみて使用感が良かったらリステリントータルケアに変わって使い続け
ていくかもしれません。
価格的にも少し「クリニカアドバンテージデンタルリンス」のほうがリステリントータルケアより割安ですからね♪
  スポンサーリンク


コメントを投稿