ジェットウォッシャー「EW-DJ10」の替えノズルを初めて購入。


EW-DJ10」というPanasonicのジェットウォッシャー(お水の勢いで歯の歯垢や汚れを落と口腔洗浄器)については前に記事にしましたが・・・自分で記事を書いているうちに「長いこと使っているノズルをいまだに交換していない」ということが少し気がかりになってきてしまい、購入してしまいました。

私が使用している口腔洗浄器「EW-DJ10」の替えノズルは「EW0955-W」という型番の商品なんですけど、 購入時には「2本入りで約360円」でしたので、この価格の手頃さには注文時に驚きましたよ。


・・・ただ、Amazonだと「あわせ買い対象商品」となっているので「2500円以上の注文をしないと購入できない」のはいちおうお気をつけ下さいね。

まずは…あまり必要ないでしょうが、購入した「EW0955」のパッケージ画像



パッケージは「パナソニックの電動歯ブラシ用の替えブラシ」と同じような感じで統一感がありますよね。

そして、「今まで使っていたノズルと新品のノズルの先部分」の画像も撮影したんですが・・・これはハッキリ言って小さすぎてあんまり差が分からなくなってしまいました。





左が新しいノズルなんですけど、よ~く見ると・・・かすかに違いが分かるのではないでしょうか?
(新しいノズルと古いノズルの違いがわかった所であまり意味はないんですけどね♪)

とにかく肉眼で見ると明らかに今までのノズルは丸みを帯びてしまっておりましたので、「新品のノズルにするとどのぐらい違いがあるのか?」を少しの違いでも見逃さないように口の中に神経を集中しながら試してみると・・・集中するまでもなくスグに「今までとお水の勢いが全く違う!」と感じるぐらいの差がありビックリしましたよ。

交換前には・・・正直なところ「別にノズルの先が少し削れていても、お水が出る穴が塞がれてしまっているわけでもないからそこまで違いはないかも?」なんてことを感じており、「ノズルを替える意味」みたいなものに半信半疑な部分もありましたけど、これだけ勢いに違いがあるのならば定期的にしっかりと交換してったほうが良さそうですね。

お水の勢いの違い」を文章で説明するのはなかなか難しい部分もあるとはいえ、私が感じた違いを書いてみますと・・・
もともとEW-DJ10は「お水が勢いよく同じ強さで出続ける」というタイプではなく、「お水で叩く」ような感じでお水が一定間隔で出ている商品なんですが・・・新しいノズルにするとお水が「間隔が狭く、粒が小さく」出てくるようになるので、電池の充電状態は別にして単純に汚れが落としやすくなりましたよ。

それにしても購入時には元々これぐらいの勢いがあったんですねぇ・・・

古いノズル使っていた時でも、目に見えるような食べカスが取り除けたり、使用後のスッキリ感には満足していたのでスッカリ忘れてましたよ♪

ですので、もし皆さんの中でも「ジェットウォッシャーを長期間使っているけどノズル交換をしてない」なんて人はスグにでも購入して違いを実感されみてはいかがでしょうか?(価格もお手頃ですし)

そして「まだジェットウォッシャーを使ってない」という人は・・・
ジェットウォッシャーはお水の勢いでお口の汚れを落とすので「歯ブラシでは届きにくい部分のケア」ができたり、「フロスや歯間ブラシなどと違い、歯ぐきを傷つけずに歯間掃除ができる」かなりスグレモノなオーラルケアアイテムとなっているので利用されてみること強くオススメしますよ。



電動歯ブラシでも新たに替えブラシを使うときはその洗浄力に驚くことがありますが、ジェットウォッシャーの替えノズルでもここまで違うとは思いませんでした。
個人的には予想外でしたが満足のお買い物ができましたよ♪
  スポンサーリンク


コメントを投稿