キシリトールと歯の関係

キシリトールと歯
キシリトールといえばお口のケアをしたい人向けのガムには必ずといっていいほど入ってますよね。
そこでキシリトールと歯の関係についてご紹介したいと思います。


キシリトールは歯にどんな影響があるのか?


キシリトールは天然の甘味成分を科学的に変化させた「糖アルコール」というものになっていて、ガムなどの食品に使用されるぐらいですからもちろん体には無害の甘味料となっています。

お砂糖に比べてカロリーが低い上に、口の中で溶けるときに熱を吸収する特性があるのでミント系のガムなどと相性がよく使用されているとのことですが、やはり気になるのは「甘いのに虫歯にならないの?」というところですよね。

これは虫歯のメカニズムが「お砂糖と虫歯菌がくっつくと虫歯菌が酸を出して歯を溶かす」ということは以前の記事でも触れたことですが、このキシリトールは虫歯菌から酸を出す材料にならないだけでなく、虫歯菌を弱めてくれるので虫歯対策の大きな味方ということですね。

しかもキシリトールが唾液に含まれるカルシウムとくっつくと歯の修復機能である再石灰化を促進してくれるようなので、まさに虫歯予防のための甘味料と言えるのではないでしょうか。

ちなみにガム以外にもチョコレートやタブレットなどにもキシリトールが含まれている商品がありますが、虫歯予防目的で口の中にキシリトールを行き渡らせるのにはやはりガムが良いかと思います。

それにガムは長時間噛んでいられるので唾液の分泌も促してくるという利点もあり、ガムを噛む際にはできるだけ唾液をすぐに飲み込まずに口に行き渡らせるような感じで噛むとよいですよ。

そしてキシリトール商品の選び方ですが、市販されているキシリトール商品で「トクホ」マークや「歯に信頼」マークが付いていれば間違いがないですし、ガムならばシュガーレスは大前提として50%以上キシリトールが含まれる商品を選びましょう。

さらに通販ショップでは「キシリトール100%」の歯科医院用のキシリトールガムが販売されているのも結構有名なお話ですよね。

でもお値段が多少割高なので「絶対オススメ!」というほどのおすすめしませんが、しっかりとガムでオーラルケアしたいという方はお試しになってみてはいかがでしょうか。

歯科専用 キシリトールガム ボトルタイプ90粒

私も何度か購入したことがありますが、歯科医院用だから目に見えて虫歯に効果があるということでもないので近所のスーパーで安売りのときに市販の「ロッテ XYLITOL」や「リカルデント」を購入すればよいと思いますよ。

毎日食後に噛むとなると続けられる価格であることは大切ですからね。

キシリトールについてまとめ

  • お砂糖のような虫歯リスクがなく、カロリーが低い甘味料
  • 再石灰化のサポートもしてくれる
  • 虫歯予防を考えるのならば、噛むことによって唾液が出やすいガムを選んだほうが良い
  • ガムを選ぶならばキシリトールの含有率が高く、糖類が入っていない商品を選びましょう
  • ネットならばキシリトール100%の歯科専売ガムが購入可能
  スポンサーリンク


コメントを投稿