トクホガムだけで虫歯予防できるの?

トクホのガムで虫歯予防

ガムだけで虫歯対策は万全?

「甘味料であるキシリトール」や「リカルデントガムに含まれているCPP-ACP」などの虫歯にならなかったり再石灰化をうながしてくれるような成分が入った商品が今やスーパーやコンビニでも売り場のほとんどを占めて売られてますよね。



私もリカルデントガムを昔から習慣的に噛んでおりますが、ふと「本当にガムだけで虫歯になりにくくなるの?」なんてギモンがわいてきてしまっているのも正直なところです。

というわけで「ガムだけで虫歯対策はできるのか?」ということについて調べてみたところ、有名どころの「XYLITOL」や「リカルデント」などのガムは「トクホ」マークがついていて、その虫歯予防の効果をうたうことができるので私達もその効果を信頼して利用できるのではないかと思います。

とはいえ、「トクホマークがついているガムを噛んでいれば虫歯にならないのか?」といえばそれはガムに対して期待のしすぎだと個人的には感じていますね。

ですのでこれらのガムは「虫歯を予防する」ということを期待するよりは「このガムが原因で虫歯になることはない」ぐらいの感覚で噛むぐらいで良いのではないでしょうか?

でも「ガムを噛む」という行動自体が唾液の分泌を活発にしますし、あまり食事での咀嚼回数が少ない人がアゴを動かす良い機会にもなるのでガムを噛む意義はとっても大きいと思いますよ。

ちなみに、だいたい1回ガムを噛むとそのガムの味が無くなるぐらいの時間で「1回の食事で咀嚼する回数と同じぐらい」とも言われているので、アゴがあまり強くない人からすると頻繁にガムを噛んでいるとアゴに負担がかかり過ぎるケースもあるので一応ご注意くださいね。

そのような場合にはガムを口の中に入れておくだけでも唾液の分泌には一役買ってくれるので、「噛むこと」は大切とはいえ「噛み続ける」ということはあまりせずにオーラルケアをしていきましょう。

それとガムに関してはキシリトール入の商品が増えているとはいえ、シレッと虫歯の原因となる糖分が入っている商品があるので注意が必要ですよ。
いくらキシリトールに虫歯になりにくい効果があると入っても他に糖分が入っていては意味が無いので、虫歯リスクの低い商品を選びたいのならばパッケージの裏側によくある成分表から「糖類」という項目を探して、全く含まれていないことをしっかりと確認することが大切です。

それと歯医者さんやネット通販で販売されている歯科専売のガムならば「キシリトール100%」とか「CPP-ACPが2倍配合」などいう市販の商品よりも質が高く虫歯のリスクはないので安心してオーラルケアのために食べることができますよ。・・・やはり、そのぶん価格は高めですが。



とにかく市販で販売されているオーラルケア用のガムに期待しすぎずに、ブラッシングやデンタルフロスなどオーラルケアの基本を合わせてしっかりと行いましょうね。

ガムにはストレス解消などの効果もありますし口寂しさもなくなるので、虫歯予防も・・・チョット期待しながら私自身はこれからの噛み続けていきたいです。

この記事のまとめ

  • キシリトールやCPP-ACPの入ったガムは虫歯予防効果があるにはあるが、期待しすぎてブラッシングなどをサボってしまうのはヤメましょう
  • トクホマークのガムならば虫歯になるリスクはほぼなく、ガムを噛むことで唾液を多く出すことは重要なオーラルケアになる
  • 市販の虫歯予防効果を更に高めた歯科専売品もネットならば手軽に買えるが、価格が高いのでお財布と相談
  • とにかくガムだけでの虫歯予防は難しいので、ガムはあくまでも補助的なものとして考えましょう
  スポンサーリンク


コメントを投稿