久しぶりに歯医者さんに行ってきました。


今回の記事はただの日記となってしまいそうですが・・・久しぶりに歯医者さんに行ってきました

本来ならば「検診と歯石取りをしてもらいに…」という目的で行きたかったんですが、数週間前に歯を自分でチェックしていると「奥歯のかみ合わせ部分が欠けて穴が空いている」ことに気がついてしまい、そちらの治療をしてもらいましたよ。

ちなみに欠けた奥歯を自分で発見した時に「欠けた部分が黒くなっていない※」ことや「虫歯で溶けた」という感じでもなかったので、「ナゼ欠けたのかがわからない」まま歯医者さんの相談をしたところ・・・どうやら虫歯ではなく、以前に治療で詰めたレジンが単に取れてしまっただけのようでした♪
以前の記事でも書きましたが、「虫歯=黒い」というわけではありませんけどね。

ですのでその部分を補修してもらい、治療は1回で(…正確には今日にもう1回通院して「歯石取り」をしてきましたけど…)無事に終了しました。

それにしても、個人的に「オールケアにお金をものすごいかけている!」とか「必死になってブラッシングをしている!」という気持ちはないのですが、以前よりも歯周ポケットの状態にしても歯石の付着量にしても良い状態でしたので・・・自分が日々やっているオールケアが完璧ではないとしても「ある程度よい結果をもたらしてくれる。」ということが分かったので安心しました♪
・・・このサイトでオールケアについての記事を書いているのは「歯医者嫌いな自分のため」でもありましたからね。(もちろん、私のように「歯医者さんがあまり得意ではないから日常生活でしっかりとオールケアをしておきたい人」にも役立つことができたら嬉しいんですけど♪)

とにかく苦手な歯医者さんへの通院が終了したので良かったですが、このタイミングでやっておく大切なことがありまして・・・それが「治療後・クリーニング後の歯の状態をしっかりと覚えておく」ことです。

●自分での歯のチェックには「デンタルミラー」と「小型のライトなど」を使うとかなり細かいところまでチェック可能ですよ。

この「良い状態」を自分で覚えておけば、その後「歯の色や形の変化」や「歯茎の下がり」が起きた時にもすぐに発見ができますからね。

ちなみに、私は今回新たな虫歯や歯茎のトラブルはありませんでしたが・・・実のところ、歯医者さんが歯の全体をチェックしている時に「う~ん・・・これは・・・マル。」という診断をされた歯があったのですが、これは将来的にトラブルになるリスクが高い場所ということになりそうで少し気がかりになってしまいました。
いちおう、これからはその部分を重点的にブラッシングするよう心がけたいと思います。
  スポンサーリンク


コメントを投稿