お手頃価格で気軽に使用ができる「クリアクリーンデンタルリンス」を試しに購入してみました。

少し前に購入した「クリニカ アドバンテージ デンタルリンス」を使い切ってしまったため、「なにか新しいオーラルケアアイテムを購入してよう!」と思い立ち、いろいろと物色していたところ・・・
定番のオーラルケアアイテムである「クリアクリーンデンタルリンス」を私は今まで使ったことがなかった上に、価格的にも使用方法的にも手軽に使えそうな商品でしたのでさっそく購入してみました♪

●こんなパッケージの商品です。


・・・というわけでさっそく使ってみた感想を・・・といきたいところですが、まずはクリアクリーンデンタルリンスの特徴を簡単にまとめてみますと・・・
  • 有効成分である「BTC」によって、「歯垢の沈着・歯肉炎・口臭」予防ができるデンタルリンス
  • 使い方は…「普段どおりしっかりと歯磨きをした後にクリアクリーンを30秒ほど口に含み、薬剤をお口全体に行き渡らせてはき出す」だけ
  • (リステリントータルケアやクリニカアドバンテージデンタルリンスなどの「液体ハミガキ」は「口をすすいだ後に歯磨きをする必要がある」ため使う順番に違いがありますよね。)
  • アルコールを含まない上に、ミント系の味も弱いので「お子様から大人まで幅広い年代の方」でも抵抗感なく使用可能
  • 他の類似商品と比べて価格が安く、1回で10ml程度しか使用しないため「ちょっとしたタイミングでも気兼ねなく使用できる」のが大きなメリット
・・・という感じになっております。

そして私は、近所のドラッグストアで1000ml入りのタイプを「600円+消費税」ほどで購入したのですが・・・いつもながらAmazonで確認をするとそれよりも安い価格なんですよね。



とはいえ、基本的にはどこのお店で購入してもその安さは魅力的ですので、「朝や夜の自宅での歯磨き後に使う」というだけでなく「忙しい時の口臭予防」や「食事後に歯磨きができない時の歯磨き代わり」として気兼ねなく使える価格帯なのは魅力的なポイントなんではないでしょうか?

・・・ただ、実際に私はこの文章を書くまでクリアクリーンデンタルリンスを1週間ぐらい使用(ほとんどが就寝前の歯磨き後に使用)してみましたが、今まで使ってきた「リステリントータルケア」や「クリニカアドバンテージデンタルリンス」などと比べると・・・
朝起きた時のお口のスッキリ感は数段落ちる」という感想が正直なところでしたね。

もちろん、「スッキリ感が弱いから歯肉炎や口臭予防効果が少ない!」と決めつけるわけではないとはいえ、クリアクリーンデンタルリンスのパッケージには「長時間殺菌コート」と書いてある割にはチョットなぁ・・・という印象ではありましたよ。

味に関しては・・・アルコールが含まれておりませんし、「ソフトミント」と書いてあるとおり、かなり刺激は弱め(…というか、ほとんど刺激は無いと思ってもいいぐらいです…)なので「一家に一本、洗面所に置いておいて家族みんなで共有する」なんてのは賢い使い方かもしれませんね♪
(個人的には「昔からある歯磨き粉をお水で薄めたような味」のような感じでしたよ。)

ただし、逆に言えば「ミント系の味に慣れている人ならば価格面以外の理由でワザワザ選ぶ意味はない商品」だとも私は思いました・・・が、やはり使用感などは個人差が大きくあるのでクリアクリーンを一度は試してみて自分のお口の状態や使い勝手などを確認されてみることはオススメいたします。
(効果に満足できればかなり手軽にオーラルケアできる商品ですからね♪)

ちなみに「クリアクリーンの液体ハミガキタイプ(使用後にブラッシングをするタイプ)」も2種類ラインナップはされてるようで、中でも「クリアクリーン ホワイトニング デンタルリンス アップルミント」は歯の着色対策ができるようなので今後少し試してみたいとは思いましたよ。


・・・こちらを購入してしまうと、リステリントータルケアなどとの価格差がなくなるのでなんとも言えませんけどね。

とにかく、私の感想としては・・・
「ほんのわずかなミント味さえもダメ!」という人でなければ「長い時間お口の中に入れておいても強い刺激を感じることなく、しっかりとお口全体に行き渡らせることができる」というメリットがある反面、「もしかしたら他の商品と比べて効果が弱めかもしれない…?」という印象を持ったオーラルケアアイテムでした。
  スポンサーリンク


コメントを投稿