ブラシが奥歯に届きやすく、舌ブラシまで付いている歯ブラシ「REACH(リーチ)奥歯集中ケア コンパクト」を使用中。

電動歯ブラシで毎日歯を磨いている人からすると「通常の手磨きをするための歯ブラシ」というものは・・・
「そもそも持っていない。」か「特にこだわりなく特売品を購入している。」なんて方が多いのではないでしょうか?

私も主に電動歯ブラシを使用していますが、食後の歯磨きなどでは歯への負担を少しだけ考えて手磨きをするようにしているんですよね。
ですので今回の記事では・・・最近購入して現在使用中の「REACH(リーチ)奥歯集中ケア コンパクト」をご紹介してみたいと思います。
(ブラシの硬さは「ふつう」タイプですよ。)



まず、こちらの歯ブラシは商品名のとおり「磨き残しが多くなりがちな奥歯にまでしっかりとブラシが届く」ように柄の部分が曲がっているのが大きな特徴でして・・・さらにこの特徴プラス「面白い工夫」がされた商品なので魅力的なんですよね♪
(「面白い工夫」については記事のタイトルですでに書いてしまってますが…)

●柄の部分の微妙なカーブ。


●ブラシ部分のアップ。
 

まぁ、REACH(リーチ)のホームページをご覧になればブラシの特徴は分かることなので、これらの画像をこの記事にわざわざ載せる必要もなかったかもしれませんね♪

さらに「面白い工夫」として・・・なんと「歯ブラシの裏側に舌ブラシが付いている!」というから超画期的?でして・・・
やはり「舌のお掃除は口臭予防の面から見てもとても大切なオーラルケア」である反面、とても傷つきやすい部位なので「ブラッシングのついでに歯ブラシで舌をゴシゴシ…」というのはあまり良い方法ではありません。
ですので、舌磨きをする際には「優しく歯ブラシで撫でる」か「舌ブラシを使う」ことが必要となるのですが、こちらのREACH(リーチ)ならば「歯ブラシをひっくり返すだけで舌ブラシになる。」ということなのでお手軽感があって良いのではないでしょうか?

●舌ブラシ部分の画像です。
  

そして、ここからは私が実際に使用してみた感想となりますけど・・・
別に特別なコトを言うつもりもなく「単なる消費者としてのザックリとした素直な感想」しか書けないのですが・・・私からするととても磨きやすい歯ブラシでしたよ♪

具体的には、柄が絶妙な角度で曲がっていることから歯のカーブに沿って奥歯の奥までブラシが回り込んでくれるようにブラッシングできましたし、(コンパクトサイズにしては…)ブラシ部分の幅もそれなりにあるのでブラシが歯をしっかりと捉えて磨けるんですよね。
しかも握りやすくてブラシも安定しやすいので、正直なところ今までは「どんな歯ブラシでも一緒でしょ…」なんて思ってましたが、これからはリピート購入してしまうかもしれないぐらいの魅力を持った歯ブラシでした。

それと、触れておかないといけない「舌ブラシ」については・・・
こちらはパッと見た感じ「本当に舌のお掃除ができるのかなぁ?」なんて思いましたが、けっこう強めな刺激でしっかりとお掃除できたのは少し意外性はありましたね。
たぶん「刺激の強さ」については、ヘッド部分の大きさ的に「どうしても舌ブラシが鋭角(とがり気味)になってしまう」ことが原因っぽいですけど、「まったく舌掃除ができないお飾りでした…」なんてことではなかったので「優しく使用する」ことを前提に舌ブラシとしても活躍してくれそうですよ♪

あと・・・いちおう使った時の不満点を挙げるとすると・・・
●歯のかみ合わせ部分を磨いているときに、口を閉じ気味にすると舌ブラシ部分が下(上)の歯にガツガツと当たることがあった…
●フットグリップ部分(穴が開いた部分)に親指を合わせて持つと柄が短かくなりすぎて磨きにくい…
・・・というぐらいでしょうか?(私だけが感じることかもしれませんが…)

ちなみに、これまでは私は以前の記事で少しだけ登場した「GUMの歯ブラシ」を使ってましたが・・・
こちらのGUMの歯ブラシは「ヘッドが小さくちょこちょこと磨けるのが特徴で、今回のREACH(リーチ)は「ゴッソリと歯を磨けるというような印象でしたので・・・もちろん「どっちの歯ブラシが優れているか?」というのは個人差があるでしょうけど、私からするとREACH(リーチ)のほうが磨きやすさはかなり上だと思いました。

とにかく、REACH(リーチ)といえば昔から定番の歯ブラシブランドですので信頼感がありますし、私も実際に使用してみて「いろいろと考えられている歯ブラシだなぁ…」なんてことを感じたので・・・
皆さんも、REACHの歯ブラシで毎日行っているブラッシングをさらに快適にしてみてはいかがでしょうか?(それほど高額な商品でもありませんし♪)
  スポンサーリンク


コメントを投稿